ブルーウィル

メニュー

私たちの思い

代表のごあいさつ

ブルーウィル語学学校代表の平野と申します。本校「ブルーウィル語学学校」のホームページを訪れて頂きありがとうございます。

ブルーウィル語学学校は2011年に設立をされて以来、英語留学を希望する方の語学学校として留学の品質を追求して、私自身が現地に在住する形で運営をしております。

留学現地での留学コンサルタントとして、生徒の皆様とお話をして英語学習をサポートしており、「楽しく学ぶ」をコンセプトに日々様々なことに取り組んでいます。

 

そういった日々の中で留学という特殊な教育業務に携わることで、経営を重ねるごとにノウハウが蓄積されるものの常に新しい発見があり、それらは最適な学習環境は常にパーソナライズ(個人仕様)されるべきであることを実感させてくれます。

そして、教育を提供するものとして生徒一人一人の学習カリキュラムを作成することにやりがいを感じると同時に、少しでも成果の上がる課題設定や学習システムをご提供することが、語学学校の経営者としての責務であると考えております。

また、教育としての成果に拘るだけでなく、留学の決断に至るまでの難しさや英語習得の様々な壁を感じていた当時の自分自身の気持ちを忘れずに、海外渡航や長期滞在が初めての方の立場に立って留学生の気持ちをもっと理解する努力に努めたく存じます。

私自身も23歳まで英語は全く話せず、留学をした時には「英語が全く分からない」状態でしたから、こういった留学生としての初心の気持ちを忘れないことが、学校全体の方針として大切にしたいと考えております。

resize0186

本校が少人数制の学校として現地カウンセリングに拘る理由は、皆様の留学を支える立場として語学学校が提供するものの中で「留学のノウハウ」こそが最も重要だと考えるからであります。

これは、当時留学生であった私と友人たちが英語学習の方法も留学プランの作成も何も分かっておらず、サポートをお願いする場所もアドバイスを頂く人もおらず、正に混乱の中で留学を終えてしまったからです。

留学生としてこのような経験をしたからこそ、留学を熟知するプロの留学カウンセラーのサポートがない状態での努力だけでは結果に結び付きづらいことも、英語学習又は留学の成功には確かなノウハウがある事もお伝えできます。

留学は主に語学学習の為の方法の一つとして用いられますが、英語以外にも沢山のことを学んで成長していくことが出来る舞台です。

また、留学で得られる知識は「経験しながら理解ができること」が非常に多く、人間性を向上する上で欠かせない経験値となることは間違いありません。

多種多様な目標を持った方が本校にお越し頂いておりますが、留学生である皆様の共通点は「自己成長を望み、未知の体験に対しての経験を積もうとする気概を持っていること」だと考えております。

これを本校では「ブルーウィル」(若い意志)という造語で表しています。そして、本校はそんな生徒の皆様を全力でサポートさせて頂きたく存じます。

留学や英語について少なからず不安を持っていても、それでも留学に挑戦をしようと考える意志を持った皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

Where there is a will, there is a way(意志あるところに道は開ける。)

ブルーウィル語学学校 代表取締役 平野良多