ブルーウィル

メニュー

グループコース

本校は元々グループコースだけを扱っており、その期間に様々な取り組みを行いました。書籍やネットなどで話題となるあらゆる手法を試し、本校スタッフは勿論、生徒の皆さんにもご提案頂いて数年間に渡って多くの検証を行いました。

 

そうした試行錯誤の末に生まれたシステムが、半日だけ自由にレッスンを組み替えることが出来る本校のアフタヌーンレッスンです。具体例は詳細になる為に省きますが、数々の実践と検証の結果として現在の形となっていることをお分かり頂ければと存じます。

 

本校ではどのコースでも英会話が8割で文法が2割の割合で構成しておりますが、実際の授業の手法に関しては多岐にわたっており、それは同じクラスの中でも留学生の英語レベルや留学の経過日数によっても異なります。

グループコースの場合はクラスメイトと先生を共有しますので、一緒に学習をするクラスメイトとの総意によってレッスンスピートやコンテンツや手法が決められます。

大きな語学学校ではどうしても同じような流れの学習方法となりますが、本校は小さな語学学校ですので出来る限り変化に富んで、教室に拘らずに外でのレッスンを行う等の環境変化も考慮して、毎週の授業のコンテンツを決めています。

ただし、変化をつけ過ぎると授業の安定性が欠けることから半日は固定の授業として繰り返した手法でコンテンツ(レベル)だけが変化をします。柔軟に対応している学校だからこそ、グループコースではその時の生徒の状況に依ってクラスは大きく変化いたします。

本コースに限らず本校のカリキュラムは、「留学生の意向次第で取り組みを調整できる」ように工夫がされており、週に1回のカウンセリングで決める個人課題を伴うことで、各留学生に合わせたカリキュラムが完成されます。

 

グループコースの要点

本校のグループコースと他校を比較した時の違いを幾つかご説明させて頂きます。

1クラスの最大人数は6名まで

これは、各留学生の最低限の会話時間を確保するためのシステムです。6人以上となる場合は、同じレベルの生徒ばかりでもクラスが二つに分かれます。

他校では12人以上の生徒が一クラスで勉強をすることがありますが、本校はグループ体制のレッスンでも最大6人までの少人数制となっております。

 

クラス分けの判断は総合的に行います。

筆記だけ出来て会話力だけ伸びていない又はその逆ということが英語ではございます。その為に、学習レベルを上げる際には、各項目である程度はレベルが達している必要がございます。

 

レッスン内容とスピードは総意で決定

文法学習も行いますが、学校では会話を中心のレッスンがメインとなります。課外授業も行われますが、内容や頻度はそのクラス内の総意にて決めさせて頂きます。また、学習スピードは一定の感覚(クラスの平均)で公平に進みます。

 

これまでのご説明は本校のグループコース又はカリキュラムの特徴になりますが、ここからはグループ体制の英語留学において共通する課題をご説明させて頂きます。

 

まず、本校はグループコースしかない学校のように「誰にでもベストの形」としてはグループコースをご提案しておりません。費用の安さと品質のバランスを考えた上で、価値のある選択肢の一つがグループコースだとお考えください。

 

グループ体制ではクラスの総意に依ってレッスンスピードやコンテンツが決定しますので、各個人に合わせることは難しくなることはご了承ください。

 

傾向としてグループコースをお勧めできない方

(1)18歳未満の方

 未成年者の皆様のお受入れは、本校ではマンツーマンコースでのみお受入れをさせて頂いております。

 

(2)30歳以上の方

グループコースに参加される方の年齢層は20代が多い為に、個人差はありますが世代の違いによるストレスを受けやすくなります。

 

本校のグループコースは、18歳以上の方ならば誰でもご参加頂けます。こちらのコースに挑戦をされたい方で、不安をお持ちの方は一度電話相談をご利用ください。カウンセリングでご納得頂いた上での挑戦ならば、留学の成功の確率を上げて頂くことが出来ると存じます。

 

 

最後に、グループコースとマンツーマンコースの違いにおいて「会話量」をコースの違いだとお考えの方がいらっしゃいますが、これでは認識不足です。単純な会話量の違いだけならば、ホストファミリーや現地の友達と会話をすればコースの違いは生まれずに留学生の努力で補えますが、実際の二つのコースは大きく異なります。

 

それを総じていえば「環境の違い」とお考え頂けます。明確に想像することが難しいかも知れませんが、「1対6」と「1対1」ではその学習環境が違います。

 

英語習得を目的とした留学では、環境を変化させることで生じる「モチベーション」こそが留学初期の重要な目的の一つですが、どちらのコースを選択するかでその環境が決定します。

 

二つのコースには優劣はあり、それらの環境の違いを留学生の努力に依って補うことが難しいからこそ本校ではマンツーマンのコースがご用意されています。ただ、留学の目的は英語習得だけではありませんし、グループコースでも英語習得の目標は十分に叶います。

そして二つのコースの違いを知る本校としては、グループコースは主体的に物事に取り組もうとされる方にお勧め致します。もちろん、最終的な選択は各留学生が留学に求められている内容で決めて頂くことになります。

 

マンツーマンコースを確認する

そのほかのコース一覧


マンツーマンコース

マンツーマンコースは、一対一の体制を持つことで「留学生の希望を叶えることが出来ること」が特徴です。また、本校のマンツーマンコースではグループコースへの参加も希望をすることで可能となっております。

二つのコースの特徴を活かして、留学期間を効率的に活用して最大の留学成果を得る為の学習環境として最高の水準となります。初めての留学に不安を持って、英語学習に対して大きな壁を感じてる方にとって、最もお勧めのコースとなります。

詳しく見る


高校生留学

こちら留学プランは、高校の生徒としてフィジー現地の高校に通う内容となります。

フィジー教育省の定めている範囲で科目は選択できますが、英語が公用語として使われているので言語は英語が使用されます。英語に自信のない方は、事前の語学研修期間にて対策をすることが奨励されます。

詳しく見る


海外農業研修コース

海外での農業研修において、語学力を必要としない単純農作業の経験だけではなく、土のメカニズム・家畜の生態・天候の計算・各農機具や設備の設計・建設と原材料の確保等々の知識と経験を活かして海外での経験値を積みたい方にお勧めのコースです。

英語のレッスンも同時に受けることで、語学力も身に着けたい方には適したコースとなっており、農業プロジェクトにおいては先生の協力を得ながら英語で各種議論やテストを行って新しい農作業体形の開発を目指します。

詳しく見る