無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】牧場便り~七転八倒エピソード6~

クラブ活動のご紹介
DCIM100GOPROGOPR0316.JPG

 

今回は水やりについて語ります。

 

 

あ、因みに今週メルマガを初めて受け

とる方は、何の話かと思うと思いますが、

 

 

メルマガの4週に1回はフィジーでの農業

についての内容をお送りしていますが、

 

 

これはフィジー留学のメルマガですので

ご安心ください(笑)

 

 

以前に畑の土が粘土質であり、畑をするのに

作業効率最低の環境であるということは、

少しお話しをしたと思います。

 

 

もちろん、どんな土も向上は出来ますが、

 

 

その労力が大きいのでベテラン農家でも

初めての土地では「何が作れるか?」から

入らなくてはなりません。

 

 

土は非常にややこしい物質で、いまだに解明

し切れていないものですから、

 

 

土と飛行機はよく似ていると言えます。

 

 

飛行機も何故空を飛ぶのか、その理屈は未だに

よく分かっていませんが、とりあえず飛べます。

 

 

土も未だにどういう物質か分かっていませんが、

畑にして作物を育てるおおよその方法は解明

されています。

 

 

 

ただ、飛行機は大体どこでも同じ飛び方で飛べる

んですけど、畑は土地が変わればまたほとんど

理解不能なものになる理不尽さがあります。

 

 

ワイン畑なんかだと数メートルでかなり別の

質のぶどうが出来上がるくらいです。

 

 

そんな感じで土に振り回されていたので、

水やりのことをすっかり忘れていました。

 

 

そもそも家庭菜園すらしたことのない、農業に

全く興味のなかった人間がいきなり取り組むん

ですから、

 

 

失敗するなんて目に見えています。

 

 

 

そこで、最初の作物は失敗を前提に作ってみる

ことにしました。

 

 

まずは強い作物としてフィジーでも有名な

「キャッサバ」と「とうもろこし」です。

 

 

 

とうもろこしはPHを下げる役割もありますし、

キャッサバは手間いらずの作物として有名です。

 

 

結果は、当然のごとく大失敗(笑)

 

 

キャッサバは幾つか死に絶えていますし、

トウモロコシは全く大きくならずに最後は

雑草のように刈り取ってしまいました。

 

 

 

それから「やはり水はいるだろう」という

ことに気付いて大量のホースを購入しました。

 

 

 

僕の中ではホースに等間隔で穴を開けて、

その中に水を通せば蛇口をひねるだけで

畝全体に水が回るだろう、

 

 

という予測が立っていたからです。

 

 

しかも、水やりは朝の内又は夕方に

一気にやる必要があります。

 

 

あの広さの畑をホース一つでやろうとすれば

一人だと一日かけてようやく水やりが完了する

広さですから、

 

 

雨乞いの祈祷を覚えるのか、水やりの自動化

システムを作るのか、方法は二つに一つです。

 

 

もちろん、現実的な僕は水やりのシステムを

作る方に尽力するんですが、

 

 

これも大失敗をして水圧が弱すぎて最初の穴から

水が出て畝の後半では水は全く出ていないという

状況になりました。

 

 

 

そこで、今度はポンプから直接畝の水やりホース

に接続をしてプレッシャーを最大にして全体に水

が行きわたるようにしました。

 

 

 

すると・・・・あまりの水圧に前半の畝が破壊

されてしまい、案の定大失敗となりました。

 

 

また後半部分には同様に水が行きわたらず・・・。

どうやらある程度の長さまでしか水圧は届かない

ようなんです。

 

 

それからも水圧を調整する器具を取り付けたり、

ホースの長さを半分にして挑戦して、また失敗。

 

 

それからも散々の試行錯誤を経てようやく

水やりを成功させることは出来たんですが、

 

 

たかが水やりにここまで苦労をさせられることに

なるとは思いもよらず、

 

 

いい加減どこかから農業のプロを雇わなければ

ならないと本当に思い知らされました(笑)

 

 

ただ他の農家から学ぼうにも、フィジーでは

僕のやろうとしているような農業をやって

いる所は一つもないので、

 

 

参考にするところも非常に少なくて、何とも

毎日孤軍奮闘をすることになってしまってます。

 

 

養鶏・養豚・野菜・穀物、何故か全く新しい

やりかたでやろうとしていることが間違って

いると思いながらも、

 

 

 

現代の知識の宝庫であるネットを使って知識を

集めると、やはりこのやり方がフィジーという

環境ではもっとも論理的に正解だと思うんです。

 

 

それに僕の性格を考えると、これだけ難しいから

やれるのであって、簡単だとすぐに辞めてしまう

自信があります。

 

 

また、留学は完全に生徒次第ですけど農業は

完全に僕次第です。

 

 

留学生を見ているとたまにどうしても自分が

抑えきれなくなって僕が努力をしそうになる

んですが、

 

 

これは意味がないだけでなくて留学生に

とって害にまでなり得るので、

 

 

さすがに僕もそんな失敗を何度も繰り返さない

ように自制をしますが、

 

 

成長させる側としてのこのやりきれない

ストレスをぶつける相手としては、

 

 

大自然と戦う取り組みである農業は底なしの

器量を持っています(笑)

 

 

まぁ、まだまだ農業を始めて間もない身ですから

そんなに簡単に上手くいくなんて思っていません。

 

 

どんなことでも3年は努力を続けないと実を

結ばないと思っていますが、何と言っても相手が

農業ですから5年はかかると覚悟しています。

 

 

英語の時は3ヶ月くらいである程度まで覚えることが

出来たし、6ヶ月で何を勉強すればいいのか分からない

状況になりましたけど、

 

 

 

農業は本当に難しい・・・未だに一歩すら歩んで

いない感じがします。

 

 

ゲームで「のんびり牧場経営」みたいなものが

ありますが、

 

 

「農業をなんにも分かっちゃいない

想像の中で構築された世界だ」

と思う反面、

 

 

「そういう農業があればいいよなぁ」と

まるでシンデレラとかの童話を聞いている

ような感覚になります(笑)

 

 

僕は留学マニア・教育マニアだから教育に関する

色々な記事を読むので、

 

 

引きこもりや社会復帰のために農作業に取り組ま

せる試みがあることを知っていますが、単純作業

だけの誰でもできる農業ならやる価値が低いので、

 

 

多分農作業は僕のように自己啓蒙を促して、

更に上のレベルを目指す人用の取り組みと

しての使い方が教育的に正しいと思います。

 

 

ロジスティック、マネジメントはもちろんですが、

エクセルや各種アプリ(ドローン・AI等)も使い

ますし、ITだけじゃなくて生物や化学の知識も

基礎は必要です。

 

 

英語習得は誰にでも可能ですし、上手くいくも

いかないも自分次第ではあるものの、

 

 

失敗をしても迷惑を被るのは自分だけという内容

なので、これから成長をする特に若い方が学ぶには

最適な取り組みだと思いますが、

 

 

農業は骨の髄まで「never give up」の精神がないと

やれない取り組みですから、

 

 

引きこもりとかで社会復帰とかを考えている人を

対象にすると全体の1%もやり切れないと思います。

 

 

現在本校で学習中又は今後お越し頂く皆さんが成長を遂げ、

英語はマスターしたので農業に取り組みたいです、と言って

もらえる日が楽しみです。

 

 

留学を通して得る成果は「自己成長」であって

英語習得はそのほんの一部ですから、

 

 

挑戦者の皆さんと農業に取り組める日を

心待ちにしています。

 

 

 

今回は、「牧場便り~七転八倒エピソード6~」を

題材とさせて頂きました。

楽しんで頂けましたでしょうか?

 

 

 

いつも「いいね」して頂いてありがとう

ございます。

 

 

また次回をお楽しみに~

 

 

このメールにそのままお返事頂くと

僕が直接全部お返事しますので感想、

ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。

クラブ活動のご紹介

クラブ活動のご紹介を見る