ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】表現の難しさ

メルマガ【BlueWill】
uneisha2

英語で何かを表現する時にまず日本語で

考えてから英語に翻訳することになりますが、

 

実は英語を学ぶ上での選択肢としてこういった

翻訳をしないという方法もあるんです。

 

僕は翻訳をせずに覚えた珍しいタイプなんです

けど、早く覚える人はふつうはこちらのタイプ

になると思います。

 

本当に最初は赤ん坊のように何も分からず、

オウム返しのように言葉を繰り返して覚える

とこういった覚え方になります。

 

でも文法の知識とかがあると、どうしても

考えてしまいますから、頭を使って考える

ことを避けられなくなります。

 

どちらにしても長く経験を積むと考えること

なく英語を話すようになるんですが、

 

逆になれた時に表現に気を付けないとダメ

だと感じるようになります。

 

日本語でも同じだと思うんですが、言葉を

操れるようになる程に考えずに話してしま

うことが多くなりがちです。

 

言い方ひとつで傷つけたり、慰めたりできる

んですから、内容よりも重要なくらいです。

 

これは中級になった時に覚えておくと

身が引き締まると思います。


今回は、「表現の難しさ」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る