ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】遊ぶことの大切さ

メルマガ【BlueWill】
uneisha2

短期留学の方や留学の初期の方が
取り組むべきこととして、


「遊ぶことをしっかりと行う」
という課題を渡す時があります。


今回はこの理由について説明を
してみます。


学習においてモチベーションがとても
大切なことはよく言われますが、厄介
なことにこれは常に変化をします。


モチベーションは自分で維持するもので
その為の努力は誰もが取り組むことです。


ただ、何の努力をしなくてもモチベー
ションが特に高い時期があります。


それが留学の初期です。


言ってみれば「ノリ」でモチベーション
が高い状態なので、


特別な努力をしてモチベーションを
保たなくても「やれる」のがこの時期です。


留学は留学者の成熟度と主体性に
依ってその内容が大きく変わるので、
この時期の反応は幾つかあります。


物凄く英語が伸びる人もいれば、
何をすればいいか分からないから
悩んでしまう人もいます。


思った以上に伸びず又は物事が
自分の思うようにならずに悔しい
思いをする人もいます。


ただ、これらの時期の特徴として
言えるのは「前向き」だということ
だと思います。


普通ならこの状態の時に思いっきり
勉強をすればいいと思います。


それも一つですし、実際に僕はこの時期
に結構勉強をしました。


ただですね。この時期は大体が「空回り」
をすることになります。


例えば、僕のやったことだと同じ映画を
100回ほど見て、字幕を全部覚えました。


それと500~600ページほどの文法書を
3回丸写しをしました。


三日の休みがあれば教科書は2冊は
終わらせていました。


今だから認めることが出来ますが、
(ほとんど)「無駄」でした(笑)


ただあの時期の僕は常に追い込まれて
いましたから、


「僕みたいなドアホが努力をすること
すら出来なければ、最悪だ」という
考えでいたので、


成果云々よりも
「やっているか、やっていないか」
で「やっていることを日常にする」
意識だったので、


まぁ、無駄でもなんでもやりたかった
んだと思います。


でも出来ることならばこの空回りは
避けたいです。


成果が上がっていないのに「やった感」
だけ得てしまうと百害あって一利なし
になってしまいます。


だからこの時期は敢えて「やらない」
ことが正解だったりします。


と言っても、本当にやらないわけでは
なくて、やるべき内容が想像と違って
いるという意味です。


それが「しっかりと遊ぶこと」です。


遊ぶといっても色々な方法があります。


例えば、パチンコなんかも遊びだと
思います。本気でやっている人もいる
と思いますけど(笑)


テレビゲームも遊びです。因みに
漫画も遊びだと思います。


キャンプとか、音楽とか、ボランティア
なんかを遊びでしている人もいます。


プログラミングを作る人もいますし、
難しい数学の公式の証明を遊びで
解いている人もいます。


勿論、留学の(この時期の)遊びは
英会話が一番建設的です。


意識的に努力をしなくとも3ヶ月くらいは
伸びる部分があります。


英語以外にも吸収することが多い初期
の段階では、こうやって逆に遊んだ方が
よほど効率よく学べることになります。


遊びは「楽しい」ことが前提ですから、
何をすることで充実するのかは本人の
性格次第ですが、


遊ぶことが与える精神への影響は
かなり大きいです。


例えば、留学ではつきものの厄介な
ホームシックやカルチャーショックも
遊ぶことで和らぎます。


約65日ほど続くこの時期を乗り切る
には、遊ぶことはほとんど必須です。


それに、遊びに必然的に必要となる友達
の存在も大きいです。


友達を持つことで精神は安定をする
傾向があります。


勿論、それが彼氏や彼女なんかだと
もっと影響力があります。


そうやって遊んでいる内に友達が
出来て、フィジーのことを学んで、
現地に慣れていくことが出来ます。

この時期をうまく過ごせると遊んでいて
ばっかりだな・・・という感覚になります。


本人の意識とは別にそれなりに伸びて
いますし、ここから本格的な留学が開始
する・・・


・・・こんな感じで留学の初期を過ごす
人は上手く過ごしたといえると思います。

*この時期を上手く過ごした人の場合は、
その後に学習方法をガラッと変えないと
ダラダラした時間の過ごし方になって
しまうので注意も必要です。

それが短期留学の場合では上記の「ここから」
の部分を得ることなく留学時期が終了します。


短期留学だと「短期だから頑張らないと!!」
という人が多く、


気持ちは痛いほどに分かるのですが、それなら
留学期間を伸ばすところに努力をするべきです。


だから、それは期間(短期留学)の限界であって
短期留学ではそういう過ごし方が正解だと
考えた方が賢明です。


学校の質でも本人の努力の問題ではありません。


強いて言うなら短期留学の成果に対しての
期待値が高すぎることが問題といえます。


長々と語ってしまいましたが、
とにかくですね。


留学初期は「遊べ!楽しめ!」が心得です。


今回は、「遊ぶことの大切さ」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る