ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】我慢という名の能力

メルマガ【BlueWill】
uneisha2

あまり一般的に注目されない能力ですが、
実は「我慢力」というのはすごい能力です。


先日、トラックを借りて荷物を運ぶこと
がありました。


日曜日の朝6時からの作業で、フィジーの
ようなお休みを大切にする国ではこの日に
働くこと自体が異例です。


業者のトラックドライバーの方が予想通りに
30分遅れてきました。


昔の僕なら「なんで遅れてくるねん!!」
でひと悶着してエネルギーと時間の無駄を
していましたが、


今では「good morning!」というだけです(笑)
いい勉強をさせて頂いている証拠です。


ところが、そのトラックドライバーが遅れて
来たにも関わらず色々と文句をいいます。


何処に行くのか知らない、どれだけの請求を
するのか知らない、積み荷が多すぎる・・・。


僕は早々に視界から消えてせっせと積み荷を
に集中します。


そんな遅刻をして文句をいうドライバーと
喧嘩をするほど未成熟な人間は僕たち側には
いないんですけど、


まぁ全員分かってます。

「あいつは厄介だな」と。

それでようやく積み荷を乗せ終えて、
出発をします。


ところが山の中でいきなりトラックが
止まります。

何があったのかと思ってドライバーに
聞くと「燃料がなくなった」と。


いやいや、これには僕たちも参りました。


トラックドライバーがトラックの燃料を
切らせるなんて、僕の想像以上です。


まぁ、僕の想像力が拙いだけなんですが。


燃料タンクを見ると半分までしか減って
いないんですけど、どうやらメーターが
壊れているようでした。


ドライバーに聞いてみると、どうやら上司
に先に代金をもらって燃料を入れてから
運ぶようにと言われていたそうです。


じゃあ、なんで言わないんだ?と聞くと、
これもまた僕の予想外の答えで、

「恥ずかしいから」

もう、吉本のように全員がぶっ飛びました。
「シャイってか!?」という感じです。


まさか天然でズッコケるなんて思いも
しません。しかも僕の従業員も一緒にです。


ただ、この段階で僕の期待値は一気に
下がりました。というよりは、下げました。


じゃないと「怒り」に身を焼かれてしまいます。
僕がフィジーでに身に着けた技の一つです(笑)

すると、このドライバーが上司に電話をして
喧嘩し始めます。


それから暫くすると僕に電話が渡されて、
散々文句を言われます。


僕もこういうの慣れてますから、一気に
ポイントを話します。


「とりあえず、誰が悪いとかは置いといて
ガス欠なんだから燃料を買ってくれば
いいんだよね?


タンクを持ってないからあるなら貸して
欲しいけど、何とかなりますか?」

と言うと、向こうの態度が一気に軟化して
とりあえずそれは僕達の仕事じゃないから、
何とかしてくれるとのことでした。


僕としては「いいって。こっちで何とか
するから」と言ったんですが、向こうは
何とかするというので、引きます。

案の定20分待たされてから、やっぱり
買いに行ってくれと言われたので、


途中でタンクを拾って燃料を買いに行くと、


このドライバーが小さなタンク一杯に入れず
にまたギリギリ足りるかどうか分からない程度
だけ購入しようとするので、

「満タン分購入をしろ」というと渋々と
したがって、ガス欠のトラックに戻ります。


戻って早速燃料を入れる訳ですが、かなりの
量を地面にこぼしているのを見て、


あの時に満タン分買わなかったらまた買いに
行くことになってたよな・・・と自己満足。

ようやく燃料も入って、よし行くぞ!!と
なるものの、


今度はバッテリーが上がってます。


もう爆笑(笑)


でも、とりあえず聞いてみます。ダメ元で。
何があったの?って。


どうやらバッテリーがきちんと接続されて
いないようなんです。


そもそも燃料切れの為にバッテリーに負担が
かかったのだとかどうとか・・・


とりあえず、全員で車を押します。


荷物を積んでいるので相当重いのですが、
下り坂のところでは少し進みました。


でもすぐ上り坂で結局エンジンがかかりません。


ドライバーはそれで怒り出し、僕たちは
いい加減にうんざりしてきました。


暫くするとタクシーが通ったのでその乗客に
車を押すのを手伝ってくれないか、とトラック
のドライバーがお願いしていました。


乗客の3名はおばあちゃんで助けれないと
タクシー運転手がいうと、「ちょっとだけ」
とトラックドライバーが粘ります(笑)


もう少しで殴り合いの喧嘩になるところ
だったようです。


僕らは笑っているだけでしたけど。


この時の僕の従業員は時間つぶしに近くの
マンゴーの木に登ってマンゴーを取って
(僕も)ムシャムシャ食べてます。


それからようやく別のトラックが到着して
車を引いてエンジンがかかり、現場に到着
します。


すると、今度は「トラブルがあったので、
請求額が増える」とのことでした。


これって日本の感覚だと絶対NOだと思います。


でも僕はフィジーを知っているので、どっち
でもいいなと思っていたんですが、


「荷物を運んでお金を請求してくるんでしょ?
じゃあ、こっちも燃料を買いに行っている
からその分は差し引かせてもらうよ。」

とフィジーなりの論理を伝えると、
何故か向こうも渋々納得(笑)


もうここら辺は複雑すぎて、どうしてこれで
納得するのかを説明するだけで、一つの
メルマガが出来しまいます。


ただ、この間に笑いながらも僕たちは怒って
いました。やっぱりこんな問題で嬉しい
人なんていません。


でもあのトラックドライバーに「アホ」と
言ったとしても、本当にアホな人に対して
「アホ」というのは侮辱にもなりません。


カバにカバ、ネコにネコというような
時間の無駄、無意味極まりない行為です。


カバに「なんでカバなんだ」と怒っても仕方の
ないように、それこそこちらが間抜けに
なってしまいます。


だから怒りに身を焼かれないようにする
ことは僕でも出来ることなんですが、


上級者になってくるとここら辺をいちいち
気にしなくなってきます。


これが本当にすごい能力です。そのトラック
ドライバーに向かって笑って話しかけること
が出来る人もいます。


因みに、そういう人間がこちら側に一人いたので、
彼のお陰で一応現場にものを運ぶことが出来たと
いっても過言ではありません。


トラック投げ出して帰ってしまうような
レベルのドライバーでしたから(笑)


*実はドライバーは途中で変わってます。


では、そういう人は本当に気にしていないのか?
→勿論、気にしているに決まっています。


ただ、物事を出来る限りスムーズに進行
させる為にはどうすることが良いのかを、
よく理解しているのだと思います。


ちょっと我慢強い程度ではどうにも
ならないレベルです。


本当に我慢強い人(フィジー人の我慢強さは
世界でも屈指だと思います)が僕の周りには
何人かいますが、


彼らの我慢の理屈は説明を聞けば何とか理解
出来るものの、そう簡単に真似出来ません。


理屈は簡単なんですけど、「納得したくない
ポイント」が多すぎて受け入れがたいから
だと思います。


感情に振り回されて人生をメチャクチャに
することもよくあるでしょうから、この能力
の活用度は非常に広いと思います。


でも、この超実用的な能力には国家試験とか
がないから、注目度が低いのかも知れません。


こういうことがあっても「メルマガのネタが出来た」
と「転んでもただは起きぬ精神」は日本人の僕には
得やすい態度ですけど、


敢えて「思考をしないこと」で耐性を上げる
神業を得るにはまだまだ時間がかかりそうです・・・。

今回は、「我慢という名の能力」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る