ブルーウィル

メニュー

社会人で留学を希望されている方へ

皆様へ各種アドバイス
resize0186

社会人の立場になると、数か月間の休暇をとることが困難になります。長期休暇を可能にするならば、辞職以外に他に方法もなく留学の為に通常の道を離れることになるので、留学を開始することは簡単ではありません。

その為に社会人の方の留学では、本校は転職のきっかけとしての留学をお勧めしております。もし現在転職を検討されているならば、辞職のタイミングで留学をして頂いて帰国後に転職をするというプランです。

この場合は短期での留学をするのではなく、出来る限りの期間を確保して頂いて留学をして、英語を習得しながら留学後の転職先をご検討頂ければ、考える時間とその為の準備の時間としても留学をご活用いただけます。

留学に挑戦をすることは社会的にも辞職の理由として理解もされ易く、内容としてもとても前向きな区切り方になり、一度社会を経験された方が留学をされることは留学での取り組みにおいて有利になります。

それは、社会での厳しさを経験された皆様だからこそもう一度学生に戻った時に勉強に取り組めることを貴重な機会として捉えること出来るからです。

転職や辞職のタイミングはお仕事の状況によってはご自身で選択をすることも難しいかも知れませんが、逆にそういった機会が訪れた時は、そのチャンスを逃さずに留学に取り組むことをご検討頂ければと存じます。

昨今では手軽な短期留学注目をされますが、留学は現状で満足している人が行うことではなく、未知のものに挑戦する気概を持っている人達が挑戦するものです。そして、留学を成功させるということは、皆様が考える以上に奥が深く大変やりがいのある挑戦です。

また、そこから得ることの出来る自己成長も、とても大きなものとなります。特に20代~30代でご自身の将来に悩まれている方や多くの経験を積みたい向上心の強い方には、是非とも挑戦して頂きたいと思います。

resize0388

【キャリアアップとしての留学】

キャリアアップの最初のステップとして英語に取り組む人は少なくありません。それは、英語は色々なキャリアにおいて応用の効く能力だからです。

例え英語を使った専門的な職業に就かなくても、どの分野のキャリアでも伸ばしていけば必然的に求められる能力が英語能力です。

また資格試験と違い、英語は論理的に理解して向上していくというよりは、スポーツに近い能力です。

その為に習得には時間を要しますし、賢いから伸びるというものではなくて、何よりも練習量が問われます。センスの良い方であっても、0からスタートすれば数か月の期間は必要になります。

その為に、社会人になってからこちらの能力を伸ばすには、転職のタイミングを狙って留学をすることが最も効率の良い方法になります。

こういった英語能力の性格上、キャリアアップの最初のステップとして英語は相応しいと言えます。特に、将来の目標が明確に定まっていなければ、英語の様に汎用性の高い能力の向上に努めることをお勧めさせて頂きます。

皆様へ各種アドバイス

皆様へ各種アドバイスを見る