ブルーウィル

メニュー

休学留学で一歩先へ

皆様へ各種アドバイス
resize0348

現在大学に通いながら留学を考えている皆様には、大学生の立場を最大限に利用する方法として、大学の休学のシステムを利用されることをお勧めしております。

大学生は自由な時間がたくさんあるので、意識を持って「時間を作ろう」とは思わないかも知れませんが、社会人になってから大学生のうちにやっておいた方が良かったと気づくことはとても多くあります。

残念なことに、多くの大学では進路相談的なサポートはあまり充実しておらず、自己成長の為の課題は自主的に作り出して取り組むべきこととされているので、結果的に時間を有効活用出来ないまま、貴重な大学生活を終えてしまうことも珍しくありません。

resize0361

そんな大学生活では、学業の傍らアルバイトをしたり、資格を取ることに懸命になることが一般的ですが、大学生の最大の強みはやはり「自由な時間があること」です。

日本以外の国では休学制度を利用することは一般的であり、休学期間を利用して「大学生だからやれること」に多くの方が挑戦しています。

日本の大学生である皆様にも、是非とも「何か」に挑戦して頂きたいと思います。一度大学を離れて、全く違った環境で別のことに取り組んでみることの価値は、後ほどご自身で実感して頂けます。

「出来る訳がない」と思えることが頭に浮かんだときは、どんな馬鹿馬鹿しいと思えるようなことでも、「挑戦をして失敗をしても行動をしたことが褒められる」ことが大学生の特権であることを忘れないでください。

resize0359

ただ、具体的に挑戦したいと思えるものが明確でない方もいると思います。漠然と「何かをしたい」とか「経験値を積みたい」と考えている方には、長期の留学を強くお勧め致します。

現代において、どの分野でも必ず役に立つ技術は英語とパソコンの二つですが、自宅で学べるパソコンよりも視野を広める為の経験を積むには留学の方が向いていますし、これは休学期間を有効的に使うことの出来る取り組みの一つだからです。

在学しながらでも留学は出来ますが、そういった場合は1~3ヶ月の短期留学になってしまうので、自己成長や価値観の変化を求めるならば休学をした上では少なくとも6ヶ月以上の留学をご検討頂ければと思います。

悩む時間も含めて向上心の高い人々が集まる留学では、同級生同士での意見交換に良い刺激を受けたり、異なった現地の文化を体験したり、現地のボランティア活動を通して、英語学習に取り組みながらご自身の成長を実感し、自己成長の為の充実した時間を過ごすことで、留学後の方向性を定めることにお役立て頂きたいと思います。

本校では幾つかのプロジェクトがございますので、英語習得だけではなくそういったプロジェクトに参加をして更に海外での貴重な体験を積んで頂きたいと思います。

皆様へ各種アドバイス

皆様へ各種アドバイスを見る