ブルーウィル

メニュー

2ヶ国(ワーホリ準備)留学をご希望の方へ

皆様へ各種アドバイス
resize0299

こちらのページではワーキングホリデーについて簡単にご紹介させて頂きます。

【ワーキングホリデーの概要】

18歳~30(一部35)歳の方限定で、外国で休暇を楽しみながらその間の滞在資金を補うために、一定の就労をすることが認められている特別なVISAが発行される制度です。

全ての外国が対象となってはおりませんが、多くの国がワーキングホリデー(以下ワーホリ)の対象国となっています。

このシステムは働くことも語学学校に通うことも許可されているので、費用を抑えることが出来ることから多く方が利用されます。ただし、働くにしても学校に通うにしても、どちらも制限があることは注意点です。

【ワーキングホリデーを希望される方へ】

ワーホリは海外に滞在することが許されており、有名な場所だとオーストラリア・ニュージーランド・カナダがありますが、ワーホリを希望される方のほとんどはワーホリで英語を伸ばそうとされるので、英語が未熟な状態で渡航をされています。

ただ、ワーホリについて最も注意をするべきことは「英語の壁を自力のみで乗り越えることが要求される」ことです。

もちろん、海外で生活をするのですから日本よりも英語が伸ばしやすい環境であることは違いありませんので、本人次第でワーホリでも英語は伸ばすことは出来ます。

ただ、ワーホリでの英語習得はその為の基本的な条件が整っていないと難しく、実は多くの方がこのワーホリで英語を伸ばすための体制を整えずに挑戦をして、英語が伸びずに悩んでしまう落とし穴に捕まってしまいます。

色々な条件がある中でも、特に重要なことは基本的な英語能力が身についていない状態でスタートをしていることが第一の問題であり、これはワーホリでは「英語学習」は後回しにされてしまうことが多いから致命的な問題となります。

日本で英語が伸びない理由が「英語環境がないこと」もありますが、「英語学習が中心の生活ではない」こともございます。その第二の英語習得での問題点から見れば、ワーホリも日本の生活と大差はありません。

ワーホリで英語を伸ばそうとしている人にとっては、英語を伸ばせないのではワーホリの成果は大きく下がってしまいますし、ある意味でワーホリはその名の通り「働きながら(ワーキング)遊ぶ(ホリデイ)ためのVISA」であって、英語はほとんどの場合伸び悩む傾向があります。

いきなりワーホリに挑戦をして、根性論だけでの成功例も稀にありますが、やはり事前の対策もなしに英語に自信のない方がいきなり挑戦をして、期待通りの結果となることは難しい事は否めません。

こういった説明をお読みになると「ワーホリで英語が伸びないならその価値がない」と思う方もいるかも知れませんが、事前の対策さえ怠らずにその体制を活かす基本的な部分を理解すれば十分に成功することが出来ます。

また、ワーホリは格安で各国の海外生活に挑戦が出来て、多くの文化を実際に体験することは貴重で何よりもとても面白いですし、特に勉強に取り組む姿勢がワーホリをされている時にはなくとも、英語学習の基本を習得した後にワーホリを利用される方は、学んだ英語を使う場所として十分に活用でき、とても有意義な時間が過ごせます

また特にオーストラリアでは時給が高いことが特徴で、アルバイトでも最低賃金は1500円程度となりますから、「稼ぐこと」を目的としてワーホリをすることも間違っていません。

またその観点からも、より良い職種や条件の仕事や住まいを探すための英語能力や行動力を得る為の事前準備が大切であることもお分かり頂けると思います。

resize0365

実際に、本校でも多くのワーホリ希望者の方が英語の基礎能力を身に付ける為の語学留学をしていますが、留学をしても基礎を身に付けることなくワーホリをスタートしてしまう方もいます。

英語をほとんど使ったことがない状態で、基礎を身に付けるには少なくとも6ヶ月程度の期間が好ましいのですが、費用に問題があるならば例え短期間でも準備期間を儲けることをお勧めさせて頂きます。

検討されているワーホリの期間が長いほどに準備の期間は長い方が良いのですが、本校としては皆様が無理のない範囲でも準備期間を設けることを前提としてワーホリを検討して頂きたく存じます。

例えば短い期間であっても、留学期間中のカウンセリングを毎週ご利用頂いて、その中でワーホリの注意点や英語の学習方法を学んで頂くことで、より充実したワーホリ期間を過ごすことが可能となります。

【ワーキングホリデー希望者の方に我々が出来ること】

本校はフィジー留学を提供している語学学校であり、ワーキングホリデーに関しては専門的にサポートしておりませんが、本校の卒業生の方や在学生の方でワーホリ利用者の方がたくさんいらっしゃいますので、多くの情報を得ております。

その情報を共有して、ワーホリ対策としての英語の準備をお手伝いさせて頂きます。挑戦する内容や期待する成果を習得するためには「急がば回れ」の精神を忘れずに、準備が大切であることにご留意頂ければと存じます。

resize0324

【ワーキングホリデーを終了した方へ】

準備をすることが出来ずにワーホリに挑戦してしまった方の中には、英語が伸びなかったことを悔やまていることと存じます。

それは準備期間が短すぎたり、適切な知識がない状態でワーホリをしてしまったからであって、皆様の努力が足りなかった訳でも間違っていたわけでもありません。

ワーホリで満足に英語が勉強できなかったからと言って、英語習得を諦める必要はありません。どちらかと言えば、それは失敗をしたのではなくて成功の途上にあるとお考え頂いた方が宜しいと存じます。

皆様がワーホリで得られた経験は確かに貴重であり、会話レベルでの英語は皆様の気づかない所で、英語を伸ばす土台作りとなっているのでご安心ください。

ワーホリを経験された皆様ならば既にご存知と思いますが、英語学習の環境は国だけの問題ではなくて学校によって整えられるものが確かにあり、英語を伸ばすためのノウハウを学ぶことが重要なポイントになります。

ワーホリを終了される方で、まだご自身の英語学習に納得されていない方や、最後の仕上げとしての学習に取り組みたい方は、是非とも一度本校にお越し下さい。

本校では英語習得の環境を整えておりますし、英語以外にも様々な取り組みを行っておりますので、それらの濃く先的な取り組みにおいてワーホリ以上の体験を積むと共に、ちょっとしたきっかけ(英語習得のアドバイス)できっと皆様のお役に立つことが出来ると思っております。

手続きはメールを中心に行いますので、インターネットさえ繋がる環境があれば不自由なくご相談お申込みご対応させて頂いておりますので、ご安心くださいませ。

皆様へ各種アドバイス

皆様へ各種アドバイスを見る