ブルーウィル

メニュー

本校の英語学習カリキュラム

学校のご紹介
resize0622

【レベル分けは毎週行われる】

1対1の学習体制なので「レベル分けが必要なのか?」とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、各生徒の状態において教科書が異なりますし、一番基礎となるクラスの場合は教え方も他のレベルとは全く異なっておりますので、レベル分け(判断)は1対1の体制でもある程度必要になります。

こちらは毎週の職員会議で、先生の推薦を基本として移動が決定します。テストもございますが、それよりも毎日の学校の先生の評価によって、クラスのレベル分けが決まります。

また生徒によっては、敢えてレベルの高い内容に取り組むことでモチベーションが上がる方もいますので、その場合は担任の先生が提案をした上で敢えて適正ではないレベルを勉強することも禁止はしておりません。

大型の学校だとテストで分けるしかありませんが、本校は少人数制の学校で担任の先生が皆様の英語レベルを十分に把握できております。

こういった形にしておかないと、読み書きが得意で筆記のテストの点数だけ良い場合や、度胸で会話が出来るだけで単語力や文法が弱い場合などの「バランスの悪い状態」で、上のレベルに上がって状況や逆に評価が上がらない状況を防ぎます。

週単位という短い間隔で変更を行う理由は、「違うレベルでの学習は留学生に大きなストレスを与える」ことが原因です。大きな学校でレベル分けが数ヶ月単位なら、レベルが合わない方はその数か月の期間をただ待つだけの状況となってしまいます。

こういった柔軟な対応が出来る理由も、本校がマンツーマン体制専門の語学学校だからですが、グループ体制ではこのレベル分けはどうしても生徒がある程度不満足になる状況は避けられないことはお分かり頂けるかと思います。

例えば、1つのレベルに6人がいたとしたら、単純に考えれば下位3人はレベルが高いと思いますし、上位3人はレベルが低いと感じます。もちろん「学習している内容やスピードのレベルが合っている」と思う時期も運よくあると思いますが長く続きませんし、周囲が気にしていなくてもご自身で「足を引っ張っている」又は「足を引っ張られている」という感覚になり易い問題がございます。

このレベル分けにおいて、グループ体制が大きな問題となるのは「自分の英語の成長に集中できない」大きな要因となることであって、体制又は学校に不満を持ってしまいこのことが大きなストレスになることです。

数か月の中でその順位も入れ替わりますし、それぞれがバラバラのモチベーションと学習速度とスタート地点と興味を持っている(あまりに要素が異なる)ので、レベル分けにおいてもマンツーマン体制が重要であることがお分かり頂けると思います。

Sugar train

【テストは個人の都合によって受ける】

本校では、テストを強制することはありません。テストによる判断は最初の入学の時(この際には筆記だけでなく、スピーキングのテストも行います)のみで、その後は担任の先生相談をしながら各生徒である皆様の状況に依って判断をする方が確実に正確(適切)です。

一応テスト受験の周期は約3ヶ月に一度となっていますが、テストは皆様のタイミングで受験を決めて頂くことになります。

 

【会話重視のレッスン】

文法学習も行いますが、本校では会話を中心のレッスンが多くなります。日本では一般的に英語科目を最低でも3年間、ほとんどの方が6年間勉強するケースが多くみられます。

日本での勉強方法は文法を中心としており、クラスは何十人もの体制で「英会話の練習」を充分にする時間がなかったからこそ、それだけの期間を勉強をしても学問として学んでおり、実際に使用するものとしての認識持つことが難しくなります。

英語留学を提供する本校では「英会話能力の習得」をまず目指しているのでマンツーマン体制で会話を中心にレッスンを行うのは、皆様の留学を行う希望に真っ直ぐお応えしている形となります。

resize0293

【カリキュラムと学習速度の起伏】

本校のカリキュラムは3ヶ月に1レベルを上げる速度(実際にはかなり速く感じる速度です)で進行してます。ほとんどの皆様は最初の3ヶ月は現地に慣れることに時間が使われますので、留学期間が3ヶ月ならば本格的な学習を開始する頃には留学が終わってしまっていると感じる状態になります。

だからこそ、本校では6か月程度の留学からお勧めをしている訳ですが、この慣れる3ヶ月の期間でも英語の学習をしているのですから英語が伸びることには違いがありません。というよりも、実はこの最初の3ヶ月の方が皆様の感覚としては伸びを実感することが出来ます。

英語学習と言えば4つ(スピーキング、リスニング、ライティング、リーディング)に分けられることが一般的ですが、その前に二つに分ける方が正確であって、これは「努力を意識せずに伸びる部分(約3ヶ月で伸び切ってしまい、その後は変わらない部分)」と「努力を意識して伸びる部分(常に一定速度で伸ばし続ける部分)」となります。

努力を意識せずに伸びる部分というのは、簡単に言えば慣れるだけで英語を使うことに長けることを指します。留学後に英語を使わない環境に戻るならば、短期留学ではどちらかと言えば忘れづらいこちらの方面に集中して伸ばす方が賢明だと思います。

もちろん、様々な要因において減速したりすることもございますので、そのまま加速し続けるということはありませんが、6ヶ月でレベルを二つクリアすることは十分に可能です。

こちらの説明は範囲を英語だけに絞ってはいますが、細かなことを説明しながらも詳細を省いていますので分かりづらいかと思いますが、結局ご理解頂きたいポイントは「学習速度は常に変わる」ということであります。

その為に、本校では皆様の成長に合わせて3ヶ月ごとに皆様のカリキュラムが変更される(時間割ではありません)ように作られております。

本校のカリキュラムは英語習得を目指して作られていますが、留学での皆様の成長は英語だけではありませんし、留学中に皆様の意識が大きく変化を致します。その為に、こういった取り組みの内容が大きく変わるカリキュラムでなければ、特に長期の留学においてはそれを十分に生かすことが難しくなります。

短期留学を希望される方の多くは「短期でまとめて習得」を望まれますが、現実として留学の初期ではストレスを掛けないことが大切ですから課題などもあまり与えるべきではありませんが、期間が長くなる程に深い取り組みを行えるようになることが、留学の性質であってその為のガイドラインとして正確に機能しているところが本校のカリキュラムの優れた点だとお考え頂ければと存じます。

 

resize0308

【スタート地点とカリキュラム別の努力】

留学を同時期に開始したとしても皆様のスタート地点はバラバラになります。

開始する地点が違うということは当然ながら「教科書の1ページ目から開始すれば良い」は間違っており、留学生は開始時のスタート地点をそれぞれが探すことが課題となります。

「スタート地点を探す」と言っても勉強をせずに探すのではなくて、知っている内容であっても復習として通常は教科書の1ページ目から開始をすることになります。

そもそもレベルによって教科書が異なる為、全く見当違いとはなりませんが、本当に知らない分野に到達した時(復習が終わった時)からは、速度を落として取り組むということになります。

マンツーマン体制の本校では担任の先生と相談をしながら、こういった学習速度の調整が各自で自由に行えることが、皆様がご自身の成長に向き合う上ではとても重要です。

これがグループ体制での学習ならば、皆様のスタート地点となる内容に到達するまでは「学習速度を落として待っている」状態であって、逆に内容が進み過ぎているならば「自力で伸ばさなければ授業の内容が進み過ぎて全くついて行けない」ことになります。これが「足を引っ張っている」又は「足を引っ張られている」という感覚の正体です。

これらの問題を精神的に解決する方法が「覚悟(又は努力)」ですが、一般的にこれを精神論だけで解決をする難易度は非常に高いので、本校ではマンツーマン体制専門のレッスンを提供することで物理的にこれらの問題を解決しております。

学校のご紹介

学校のご紹介を見る