ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】英語は未だに世界言語か?

ブログ


英語は世界共通語です。というのは、
ずっと前から言われてきましたが、

これは未だにその通りなのでしょうか?
僕はやっぱりそうだと思います。

ただ、僕のように英語留学を提供して
いる立場だと「嘘くさい」ですよね?(笑)

だから論理的に考察していきます。

実際に、ただ単純に話している人の数が
多いのならば僕は中国語とかもありだと
思います。

でもですね。結局「何人が話しているのか?」
で学ぶ言語を選ぶのではなくて、

「どれだけ役に立つのか?」で学ぶ言語を
選ぶべきだと僕は思います。

それがやっぱり「英語」だと、僕は思います。

例えば、中国を例に挙げますと、確かに中国
の経済は不動産バブルが警戒されながらも
まだまだ成長が期待されています。

でもですね。facebookやgoogleといった
世界的な企業がことごとく中国市場から
撤退しています。

中国政府がそれらを「使えないように
している」からどうにもならないんです。

これって凄くないですか?日本では本当に
想像もできないような状況です。

googleのURLにアクセスが出来ないんです(笑)

利益を中国人で分けあうというと綺麗に
聞こえすぎるかもしれませんが、

そういう文化的な障害があるんです。
特に我々の場合は「反日」ですから(笑)

中国語が話せるかどうかが問題では
なくて「中国人かどうか」のほうが
現実問題です。

勿論、「googleやfacebookが撤退しても
俺は中国に進出するぜ!」というのも
ありだと思いますが、

僕は否定はしませんが、個人的には
「遠慮」したいです(笑)

次に、僕が注目するのはインドです。
もうすぐ世界一の人口になると注目
されている国です。

確かにヒンディー語を学ぶのは悪く
無いことと思います。

中国のように反日でもないので、
比較的役に立つ要素は強いと
思います。

でも、これはジェスチャーとして
というレベルです。

日常会話程度話せると受けがいいですし、
関係が作りやすくなると思います。

フィジーでもヒンディー語は覚えれる
ので、英語と同時にやれる人はある程度
まではやった方がいいと僕は思います。

ただ、これがある程度でいい理由が・・・
これは中国でも同じなんですけど、基本的に
ビジネスレベルで必要とされている場所では、

*特に貿易なんかですね。

中国人でも英語が話せますし、インド人
でもフィジーほど浸透していないとしても
英語は話すことが出来ます。

一応、インドはヒンディー語と英語が公用語
なので、結局英語で片付いてしまいます。

世界の人口が現在73億ほどらしいですが、
どうせすぐに増えるので僕は75億といって
います(笑)


その中で中国が隠れているのも含めて
15億として、インドが12億くらいならば
この二か国だけで27億、約30億。

まとめ方が雑ですけど(笑)世界人口の
3分の1以上がカバーできてます。

一応この二か国の言語に関してはある程度
「学ぶ意味が弱い」視点で説明をしてみた
んですけど、

最後に「英語を学ぶ意味が強い」視点で
英語について説明してみます。

僕は僕の学校の生徒の皆さんに留学を
通じて色々なことを学んで、出来れば
起業というものを経験してもらいたい
と思っています。

でも、やっぱり起業率よりも就職率の
方が現実として多いです。

就職をするならば、ある程度条件の
良い所で就職をすることを普通は
希望すると思います。

それが「先進国」と言われる国で、
日本人が海外に移住するならば、
それらの「英語圏」が過半数です。

オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、
イギリス、その他ヨーロッパ、アメリカ・・
・・ですね。

それも英語を優先的に学ぶ理由です。


また、フィジーのように歴史的に植民地であった
為に、二か国語を話せるというところは他にも
あります。


ヒンディー語、中国語VS英語での違いはそこ
もあると思います。

中国もインドも当時は軍事力が弱く植民地に
される側でしたから、発展途上国での第二言語は
英語、スペイン語、フランス語が主です。


後、IT言語は英語ですから今後は更に
英語が世界に浸透していきます。

プログラミング言語が中国語やヒンディー語
になる心配はほぼないと思います(笑)

今更英語圏の人間に漢字を覚えろと
言われても無理です(笑)

言葉の重要性はただ使っている人の数では
なくて、文化や歴史を学ぶことにも使えます
から「覚えて無駄」という言語はないと思います。

それでも、英語は基本的には優先して覚える
言語であることは未だ変わりないと思います。

・・・今回のメルマガはなんだかなぁ。
当たり前すぎてあまり面白くないですね。


次回はもう少し頑張ります!

今回は、「英語は未だに世界言語か?」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。
 

ブログ

ブログを見る