ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】語学学校に行くべきか?

ブログ


この英語シリーズのメルマガも中々
長く続きますね(笑)

こっちにいる生徒さんで貪欲に英語
学習方法について僕から学ぼうとして
くれている人がいるから、

その方にお伝えしている内容を実は
書いているだけだったりするんです
けどね(笑)

まぁ、今後の留学生の為に内容を
まとめておこうという狡猾な考え
もあるのですが・・・。

英語学習の為に、英語だけ学ぶのでは
なくて他の何かを学ぶといいということ
を僕は言いました。

それでは英語圏の学校に行って始めから
別のスキル(例えば料理学校)を学んだ
方がいいのではないか?

という疑問が浮かんでくると思います。

これは正直な話、的外れではないと
僕は思います。

ただ、ハードルレベルではなくて
「壁レベル」の障害なので、

ここを乗り越えるにはジャンプどころか
「よじ登る根性」が必要になります。

ここでよじ登れずに挫折してしまうと最悪
な状況になります。

登れない、課題に取り組めないだけならば
まだいいのですが、挫折すると停滞するので
非常に勿体ないです。

ここも本人次第と言えば、それまでですが
このプランはそもそも無茶し過ぎです(笑)

当然のように出来て当たり前の英語も
出来ていない状態で、別のことを学び
始める訳ですからかなり大変です。

僕も現地で生徒さんのカウンセリングを
しながら、様子を見て「こんなことを
してみませんか?」と提案します。

そのコツは正直「勘」です(笑)

でも大まかに言えば、その方の年齢と
性格と滞在期間の経過状態と英語能力
をある程度理解したうえで、

精神年齢と理解力と留学後の方向性を
意識して課題を提案している訳です。


「全然大まかじゃない」かも知れませんが、
個人個人に必要な課題を設定するのですから、

当然完璧に読み切れないけど、上記に
記載した程度のことはある程度意識を
して課題を提案します・・・

でも一発で上手くいくかと言うと全然
そんなにきれいにはいきません。

カウンセリングとかで話しながら
「こんなんどうですか?」
と何発も撃ってみて、

「ビビ!!」と来てくれたものをやって
貰うということなんですね(笑)

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる戦法ですけど、
僕だけが勝手に予測して決めれるものでも
ないので、この方法が一番いいです。

留学前だとかなり学習意欲が高くて貪欲
に向上を求める意識が高い人が多いと
思いますが、そもそも「そんなにやれない」
ものなんです。

僕達は人間なので休みますし、忘れます。

単純に効率だけを求めて学習をしても
上手くいきません。

ただ、たぶん世の中の語学学校の大半は
ブルーウィルのようなことはしていない
と僕は思います。

ひたすらに英語の学習方法の効率について
語ることと思いますが、それは表面的過ぎて
浅いと思います。

とは言うものの、僕たちも2年目くらいまでは
そんな感じでしたけどね(笑)

僕はこの英語+αが英語学習の為にこそ
大切なものであって、

そういった課題に取り組んで人間性を向上
させることが、留学で英語を学ぶ最大限の
意義だと思っていますから、

語学学校ですがダンスクラブを作ったり、
色々なことをしています。

但し、僕たちは語学学校なので英語を無視
して先に進むことはありません。

途中で課題を中断して英語学習に戻らなくて
はならない時もありますし、

課題の内容を全く変えることもあります。

僕は随分前から他校のレッスン内容とかは
浅すぎて気にもしていないですけど、

メソッド的に教えるだけの語学学校ならば
留学じゃなくて日本の駅前留学程度で良い
と思います。

それにそんなに「誰でも覚えれる完璧な
英語学習方法」を主張するならば、

「駅前留学で覚えさせてくれよ!」と
僕なら思います(笑)

でもそれはきっと「詐欺」とか「嘘」では
なくて「ロマン」だと思います。


テレビショッピングでブロックを切れる包丁
が紹介されていたりしたんですが、


僕も欲しかったです・・・ブロックなんて
切らねーよ。とは思いませんでした(笑)

最近だと体をブルブル震わせて全く動かずに
ダイエットが出来る機械がフィジーのテレビ
ショッピングで見れますけど、

あれって・・・浪漫ですよね?(笑)

今回は、「語学学校に行くべきか?」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。
 

ブログ

ブログを見る