ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】留学なら英語が伸びますよ(?)

ブログ

一般的に留学を勧めるのに役立つ伝家の宝刀
と言えば「留学なら英語が伸びますよ」です。

にも関わらず、僕は「英語学習は地道に
やるしかない」とか夢をぶち壊すことを
よく言っています(笑)

実は、この「留学なら英語が伸びる」は
間違っていないとは思うのですが、正確な
表現でもないと僕は思います。

僕なりにこれを表現するならばこうなります。


「留学なら英語学習に向き合えるようになる
確率がかなり高いですよ」です。

すぐに伸びる系の英語学習方法や教材が役に
立たない的なことは前々回で細かく説明した
と思いますが、

こういった方法や教材の一番の目的は購入
して、全く取り組まないことです。


僕の先輩でもスピードラーニングを購入して
車の後ろにしまったまま2年間放っておいて
しまっているそうです。


「先輩、マジでこんなの買ったんですか?」


先輩
「おぉ。毎日5分聞くだけで伸びるっていう
凄い教材だよこいつは」



「どれくらいやってるんですか?」


先輩
「まぁ、購入して以来ずっとそこにおいて
あるから、まだ一回も使ってないね」



「・・・先輩。次は近くにおいておくだけで
英語が伸びる教材を買うべきですね(笑)」


と励ましたつもりが「バカにしている」と
突っ込まれてしまったということがあります。


いやいや、尊敬しています(笑)お茶目な方
だと敬っているんです。


こんな感じで、日本と言う英語をほぼ使わない
環境にいれば現実的な人ほどに「やらない」
ことが最初の問題です。

留学だとそれに取り組もうとする意識が
かなり高くなります。


勿論、それは同時に焦りであり、近道を探す
「脱線状態」にもなり易くなりますが、

それでも「全然取り組んでいない」人が、
焦ってパニックになるくらい取り組める
ようになるのが留学です。

じゃあ、なぜ可能性が高いという表現を
僕がするかと言うと、

留学中は英語学習のモチベーションは
かなり上がることはほぼ共通してますが、

その程度に関してはかなり大きな個人差が
あることを表現したいからです。

頑張りすぎて毎週泣きながら必死に
取り組んでいるような人もいれば、


留学期間中ずっとのんびりとして
いる人もいます。

思うにそれは「自分に対する期待値」と
「現実の成長速度」の差が焦りや驕り
を生むのだと思います。

ここで少し留学寄りの内容を説明すると、


そういった焦りや驕りをコントロールして
粛々と取り組むことが全ての留学生の課題
になります。


留学は「魔法」ではなくて「舞台」です
から、そこでどれだけ輝くはその人次第
ということになります。


現在留学をしている方の中には、自分が
思った以上に伸びていないことを情けなく
感じている人もいると思います。

でもそれは、それだけ自分が出来ると信じて
いる証拠であって、

舞台に立ってすらいない人がいるのだから、
頑張っている自分を就寝5分前は毎日褒めて
あげることも大切です。

今回は、「留学なら英語が伸びますよ(?)」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。

ブログ

ブログを見る