ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】英語学習で英語だけを学ばない理由

ブログ

先週のメルマガでは、英語学習上での
記憶は蓄積する感覚を持つべきという
お話しました。

 

それとは別で、英語を話し続けていれば
後は楽しむことがポイントとも言いました。

 

でも実は、僕は現地の留学生に英語だけ
話して遊んでいてくださいという助言は
あまりしません。

 

留学初期の人とか、期間に余裕がある人や、
年齢がまだまだ未成年の人とかにはそういう
時もありますけど。

 

僕なんかだと、英語にプラスアルファを
付けたいタイプだから、英語で何かを
学ぶように促してます。

 

英語だけじゃなくて他のことまでなんて、
贅沢と言えば贅沢なんですけど、

 

実は英語で文法とかを学んでいる人も
これをやってはいるんですね。


「コミュニケーションの手段としての英語」
を練習すると同時に「学問としての英語」を
勉強しているんです。

 

日本で6年間も英語を学んだ僕たちですが、
さっぱり英語が使えない理由が、


「コミュニケーションの手段としての英語」
を全く練習していないからです。

 

もっと分かりやすく言うと、「国語だけを
勉強してきて一度も日本語を話したことの
ない人間が日本語を話せないのと同じこと」
とも言えます。

 

だから少なくとも英語は英語で学ばないと
全く英語が話せるようにはなりません。

 

でも、僕たちが英語を学ぶ理由は言語学
とか勉強する為でしょうか?

 

稀にそういう人もいますが、ほとんどが
「コミュニケーションの手段としての英語」
が目的だと思います。

 

それならば英語を使って何か他のことを
勉強した方が有意義です。

 

言語学英語は専門職の方でもない限りは、
人生のほとんどの場面において「うんちく
語る」以外では役立ちません。

 

それにそもそも英語は留学でなくても
日本でも伸ばすことが出来るものです。

 

それを留学で伸ばすならば価値観を広げる
ことや物事の理解を深めることに一緒に
取り組むべきだと思います。

 

それが留学で英語を学ぶ一番の利点ですし、
留学後の人生において役に立つ能力になる
だろうからです。

 

「留学で英語が伸びました」だけではあまりに
無味な内容であったことになります。

 

体験談とかを見ても、ホストファミリーの
ことだとか、先生のことだとか、友達の
ことが印象に残ると思います。

 

それが留学で英語を伸ばす過程をしっかりと
取り組んでいる証拠だと思います。

 

僕の場合だと、日本人の友人は留学生の時には
皆無でしたが、現地の友達が沢山いました。

 

それは、それだけ沢山の先生がいたことに
なりますし、


僕の留学が上手くいったのも、素晴らしい
思い出になったのも、彼らの存在があって
こそのものだったと言えます。


でも・・・それでもですね。もっと上手く
留学期間を使えただろう!って今では思います。

 

それが、英語を学習しながら他の何かを
学んでいくことです。

 

特に「社会構造」を学ぶことを僕はお勧め
したいので、カリキュラムである程度それを
学ぶことを促しています。

 

これから留学をされる方も読んでいるメルマガ
ですが、留学後を考えた留学の取り組み方を
することは大切だと思います。


だからこそ、留学では大きく成長することが
必然的に重要になってきます。

 

英語を弱点から強みへ変えるだけでも
留学前と留学後ではかなり違います。

 

でももっとぜいたくを言えば人生の方向性が
定まっていない方が留学中にそれを見つける
ことが出来れば最高です。

 

「やりたいことを見つける」ということは
とても大変な作業です。

 

英語学習は長々と時間のかかる地道な
取り組みになりますが、

 

だからこそ人間力の向上や自身に努力を
させる能力を磨くことが出来ます。

 

後半はちょっと留学寄りのないようになって
しまいましたが、

 

英語を学ぶ際にプラスアルファが重要な理由を
上手く説明できていれば嬉しく思います。

 

今回は、「英語学習で英語だけを学ばない理由」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。
 

ブログ

ブログを見る