*

手続き完了後の準備

use of tapa  

こちらでは入学手続きが完了した後に行う準備や作業をご紹介させて頂きます。

【留学前の英語学習】

英語学習を少しでも早く開始する為に、可能ならば留学前から日本国内で英語学習を開始することをお勧め致します。

「留学前の英語学習のタイミング」は、申し込み後の手続きが全て終了してからとなりますが、学習を早く開始することの利点とは別に、こちらの学習を勧める理由がございます。

留学では、誰も(特に初心者)が必ず受けるストレスがございます。それは「表現できないストレス」です。

言語能力が不十分な状態だと、自分の言いたいことが言えないストレスを常に感じて生活をすることになります。

このストレスを感じることを削減するために、出来る限りの学習をしておくことが大切です。

本校ではこの時の学習方法は、あまり工夫をしたものではなくて単純な方法をご紹介しております。「単語の暗記を、復習を中心に行う事」です。

選ばれる単語も日常の中で気になるモノを辞書から調べて覚えるだけで、初心者用の単語の本を購入する必要もなければ、単語帳を作る必要もありません。

電子辞書はどちらにしても留学で必要になりますので、この機能を使えば十分に学習可能です。

resize0302

【荷物の準備】

留学においての荷物で、忘れてはならない大切なものはパスポートなどの貴重品です。貴重品さえきちんと準備出来ていれば、後は現地でも購入できるものばかりですので、極端な言い方をすれば、2~3日分の着替え等の用意さえしてあれば、後は全て現地購入でも大丈夫です。

また、日本でしか手に入らないものが必要ならば、日本のご家族から送って頂くことも可能です。

日本から持ち込みをした方が得をするものを、ご紹介させて頂きます。まずは、電気製品(パソコンやデジカメ)です。

日本は世界的に見て電気製品が安いので、日本から買って持ってきた方が得をします。次に、化粧品です。日本のように、こちらでは沢山の化粧品が揃っていませんので、日本から持ち込まれた方が無難です。

最後に、日本食材です。醤油やわさびや豆腐等々、こちらでも購入の出来る食材はございますが、主に、自炊をするのに乾燥ワカメ・お味噌・ダシの素の3点を持ち込まれると便利だと思います。                 

*肉類と乳製品の持ち込みは禁止されており、空港で没収されることがありますのでお気を付けくださいませ。肉入りのカップ麺も没収対象となります。

【変圧器と変換プラグ】

まず、変換プラグはフィジーでも安価に購入することが出来ますので、こちらで購入をされることをお勧め致します。

また変圧器については、購入そのものがほとんどの場合において必要ないと思います。電気には種類があって種類の違った電気を使うと電気製品が壊れてしまうので、それを防ぐために変圧器の購入が勧められるのですが、留学生が持ち込まれる電気製品はデジカメ・スマホ・パソコンが中心となり、これらの最新電気製品はどこの電気でも使用可能な仕様となっています。

 

resize0308

​他に留学生が必要とする電気製品だと「ドライヤー」「ヘアストレイトナー」「髭剃り」「電動歯ブラシ」等がありますが、ドライヤーはフィジー現地で購入をされても1000円程度ですし、常夏の国なので必要ないケースの方が多いです。

ヘアストレイトナーは嗜好品なのでご自身で決めて頂くことになりますが、海外でも使用できるタイプのものを日本で購入された方が帰国後も使えるので、お得だと思います。

髭剃りも同様に海外でも使えるもの、電動歯ブラシも必要なものではありませんが、使用されたい場合は乾電池式のものを購入された方がお得です。

変圧器を購入することも一つの手段ではありますが、変圧器は4000円~6000円程度の金額で販売されており、充電には利用できない場合が多いので準備は不要です。

こちらのページでは簡単に記載させて頂いておりますが、手続き終了後にお渡しする書類に細かく記載がございます。そちらもお役に立つことと思いますが、迷われるものがあればご質問頂けますので、ご安心くださいませ。

  • 留学希望者必見の資料

    留学を成功させたい方に
    『あなたの留学を120%満足
    させるポイント』
    無料資料進呈中

  • ブルーウィル留学プログラム

    資料をご参考頂く方には
    『BlueWillパンフレット』

  • ご挨拶

    ブルーウィル語学学校 代表取締役 平野良多

    ブルーウィル語学学校の代表取締役平野良多と申します。
    会話重視のレッスンで楽しく学べる語学学校を経営しています。
    少しでも、留学や英語に興味のある方は気兼ねなくご相談ください。
    ご挨拶ページもございますので、宜しければご覧くださいませ。