*

滞在先の比較のポイント

resize0366

意外かもしれませんが、学校を選ぶ時のポイントとして簡単にリクエストを聞いてくれる学校もお勧めできません。また、納得いく説明が不十分で「大丈夫です」と無責任な言い方をするところも信用できません。

まず、留学での滞在先についての理解を得ることが皆様の判断を助けることになると思いますので滞在先についてご説明させて頂きます。

【リクエストは想像でしない】

滞在先の状況が気になるのは、留学生ならば誰もが共通しています。そんな滞在先についての希望は沢山あって然るべきですが、フィジーの現状をご存知ではない方がリクエストを行っても、適切なアレンジを行う際の障害になる傾向がございます。

本校の場合でも「リクエストは出来る限り対応する」としていますが、これは留学生のリクエストを聞くことだけに集中した結果が上手くいかなったことの方が多かったからです。

リクエストではなくて「どういった家族が自分にあっていると思うか?」程度の感想を送信頂くと真面目な学校ならば、アレンジがし易くなるので助かると思います。

resize0304

【「何」をしても不安は残る理解が大切】 

滞在先に、上手く溶け込めるかどうかの不安は留学生ならば誰もが持っています。但し、これが「大丈夫か」どうかは実際にそこに行って経験するまでは、どうしても不安は残ります。

その不安を抑えるために学校側が「大丈夫」とお伝えしても、その答えに悪意は無いと思いますが、少なくとも「大丈夫」と安易に伝える学校は「未成熟」であることは間違いありません。

留学に限らず、どんなことでも普通は保証がないと行動し難くなります。それでも留学での滞在先のように「試すまで分からない」ことはあります。

ご自身の不安から「保証(大丈夫)」を与えるところを選ぶよりも、どういった対応をするかを確認した上で、納得したところを選ぶことがポイントになります。

 

【結局、どう比較するのか?】

本校ではホームステイと学生寮がありましたが、実りが多く体験談でも記載の対象となり易いものは常に「ホームステイ」でしたので、今では学生寮は廃止しておりホームステイのみを滞在先として提供しています。

5年間学生寮を管理して、多くの留学生を受け入れた経験からお答えすると、フィジーでの生活では生活の様々な場面で現地の方から受けるサポートがどうしても必要です。

それは学生寮レベルではなくて、ホテルレベル(ホテル業のみを専門としている業者のレベル)は必ず必要であり、食事を全て自分で用意するのもフィジーでは努力が必要です。

その上、英語学習も両立して行うというのは非常に難しいレベルであり、その結果としてワーホリのように日本人同士で日本語を話して「海外で生活をしているだけ」という状態になる可能性もございます。

これは生活のレベルが一定よりも難しくなると、英語学習は後回しにされてしまう「仕方のない状況」なのですが、これを留学でしてしまうということは言ってみれば留学をする利点がほとんどないことを指します。

我々はホテル業を本業としておりませんから、敢えて学生寮を全て廃止してホームステイに更に力を入れてマネージメントを行っております。

ホームステイでは留学者の努力も必要であり、学校はホストファミリーと生徒の両方に働きかけて、関係が上手くなるように出来る限りの管理をしています。

ホームステイのポイントは「人間関係」なので、現地での継続的な努力が必要です。その為に、学校ではカウンセリングを駆使して生徒の心理状況を理解しその時々で柔軟な対応を心がけております。

比較のポイントとしては、滞在先として学生寮を持って居ない学校の方がフィジー留学では経験があることが証明されていると思います。

*但し、これは治安の安定しないところだと、ホームステイと言う滞在方法が難しいので学生寮に滞在しざる得ないと思いますので、あくまでフィジー留学の中でのこととご理解くださいませ。

resize0305

  • 留学希望者必見の資料

    留学を成功させたい方に
    『あなたの留学を120%満足
    させるポイント』
    無料資料進呈中

  • ブルーウィル留学プログラム

    資料をご参考頂く方には
    『BlueWillパンフレット』

  • ご挨拶

    ブルーウィル語学学校 代表取締役 平野良多

    ブルーウィル語学学校の代表取締役平野良多と申します。
    会話重視のレッスンで楽しく学べる語学学校を経営しています。
    少しでも、留学や英語に興味のある方は気兼ねなくご相談ください。
    ご挨拶ページもございますので、宜しければご覧くださいませ。