無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

よくある質問

こちらのページでは色々なご質問に対する回答を簡素化して記載させて頂きます。

どうしてこんなに学費が安いの?

元々、フィジーは物価が安く、安価なお値段でサービスを提供することが出来ます。それに加えて、本校は「実際の留学に必要なサービスだけを提供」しており、過剰な営業行為をしておりませんし、仲介を通さず直接フィジーの学校から手続きをさせて頂いていることが、破格のお値段でご提供できる理由でございます。

ページトップへ戻る

平日の食事はどうすればいいですか?

学校は街中にありますので、レストランやスーパーマーケットを気軽に利用することが出来ます。ブルーウィルは町の中に学校があり、フィジーにある語学学校の中で最も生活の利便性が高いことも特徴です。

ページトップへ戻る

食事が心配なのですが、大丈夫ですか?

現地の食事と言っても色々な食材がありますので、全てが合わないということはございません。また、最初の数週間は慣れた味付けではないかと思いますが、不思議と味覚が慣れてきて美味しく食べて頂けますのでご心配されるほとではないと思います。
どうしても味付けが合わないなどの問題があるならば、学校の冷蔵庫のレンタルのサービス(有料)を利用してホームステイでも3食自炊をすることが可能になります。現地で必要を感じたときにご利用頂けますので状況に応じてご利用をご検討くださいませ。

ページトップへ戻る

ホームステイの受け入れ先は安心ですか?

ホームステイに関してはそのイメージに誤解が多いので、間違った印象を持ったまま利用をしないことが大切です。ホームステイは、海外で全く知らない他人の家族と一緒に生活をすることです。
「必ず合うホストファミリー」の保証は、互いの相性次第ですので出来かねますが、最初のアレンジよりも決定後の学校側の管理が大切ですし、利用者である留学生の方の努力次第で解決できない問題はありません。
これは本校だけに限ったことではありませんが、そもそもホームステイはポジティブに取り組むことでどれだけでも面白く・楽しく暮らせる滞在方法です。
万が一合わないという場合も、ホームステイの変更も可能ですので、少しでも興味があるならばチャレンジ精神を持って挑戦して頂きたいと存じます。

ページトップへ戻る

最短留学期間は何日からですか?

本校では、1か月単位(28日)でのお申し込みとさせて頂いております。お支払い頂く留学費用に変化はありませんが、1週間又は2週間だけ滞在をされることも可能です。

ページトップへ戻る

英語ができないのですが、大丈夫でしょうか?

本校の留学プログラムをご利用頂くのに英語の能力は問題ではありません。但し、ご自身で学習上沢山のサポートが必要と自覚されている場合は、マンツーマンコースを選択してください。
マンツーマンコースの方の場合だと、英語が全く話せない人でも取組める基本中の基本のコースのご用意がありますので、そちらのコースで学習して頂くことをお勧め致します。
*留学では「表現できないストレス」は必ず伴いますので、そのご心配が強い方は事前に日本で英語学習を少しでも開始して挑戦されるのも一つの方法です。

ページトップへ戻る

留学カウンセリングって何ですか?

本校では電話相談又は留学プラン作成の際の相談(メール含む)のことを指します。ご質問に対して回答をお伝えする形で電話相談をさせて頂いております。
一般には営業的な行為も含まれますが、本校の場合は相談と皆様の情報収集の為にご利用頂くものとなります。カウンセリングを受けたからと言って、留学を決定する必要はございませんので、気軽にご利用頂ければと存じます。

ページトップへ戻る

フィジー行きの航空券で安いものが見つからないのですが?

稀にキャンペーンなどで安いものが見つかりますが、特別に安価なチケットはよほど幸運でもない限りは見つかりません。
航空券の金額は変動が激しいので、こちらでは具体的な数字は載せるべきではありませんが、安く購入する基本は、早期に取り組んで、探す時間を出来るだけ確保して購入することです。
購入したいチケットが複雑(フィジーから直接AUSに行く等々)である場合は、HIS又はJTBなどの有名な旅行代理店を通して購入を依頼することをお勧めさせて頂きます。

ページトップへ戻る

いつ現地に行ったらいいの?

留学をすることが決まっているならば準備は早ければ早い方が色々と便利です。但し、学校としては出発日の2ヵ月前迄には「お支払までの手続きは完了」頂くようお願いしており、留学プランが長期の方や高校生留学や親子留学になると「3ヶ月前までにはお支払いまでの手続きは完了」頂くようお願いしております。

ページトップへ戻る

1週間後に出発したいのですが可能ですか?

不可能ではありませんが、準備に時間がない為にお勧めはできません。どうしても仕方のない状況でないならば、出発日の延期を考えた方が賢明でございます。どうしても1週間後の出発を希望される場合は、まずはご連絡くださいませ。

ページトップへ戻る

海は近いですか?

フィジーは小さな島国で海に囲まれていますので、至る所から海が見えます。学校の目の前にも海が広がっています。泳ぎたい方は少し離れた場所まで出向く必要があります。例えば、学校の目の前の海はどちらかというと魚釣りに適した海となっており、満潮時には釣りを楽しむ人々の姿が沢山見られます。

ページトップへ戻る

アフリカや東南アジアのような伝染病などありますか?

フィジーにはそういった命に関わるような伝染病はありませんし、予防注射の必要もございません。常夏の国フィジーでもやはり多少の季節の変わり目があって、その時に少し冷えることがあります。そういった季節の変わり目に風邪が流行ることはあっても、日本のインフルエンザの方が危険ですので、ご心配されるほどではございません。

ページトップへ戻る

病気になった場合、どうしたらよいですか?

学校のスタッフが、信頼している個人クリニックにお連れします。フィジーではほとんどの治療が出来ますし、歯医者等もありますのでご安心ください。

ページトップへ戻る

自分のパソコンを持っていくのですが、ネット接続できますか?

はい。学校でもポケットWIFIをレンタルしていますし、学校近くの喫茶店等でも利用可能(有料)でございます。

ページトップへ戻る

ノートや、参考書、辞書はフィジーで手に入りますか?

ノートや筆記用具は簡単に購入できます。日本語記載のものは日本からお持込み頂く必要がございます。

ページトップへ戻る

学校で一番大切なルールは何ですか?

ルールは少なければ少ないほど楽しく過ごせると考えています。厳しく管理をしているルールは英語を話すことです。但し、このルールも皆様自主的に守られるべきものだと考えておりますので、後はモラルの観点から他の生徒さんに迷惑さえかけなければ問題ございません。

ページトップへ戻る

治安が心配です。

第一に、その気持ちを忘れないことが一番大切だと思います。海外では治安のことを不安に思っているくらいが危機管理として適当です。フィジーには拳銃もありませんし、スラム街のようなところもないので、現地で学校の指示に従って頂ければ大きな犯罪に巻き込まれることはございません。また、安全は行動によって保障されることもご理解頂く必要がございます。

ページトップへ戻る

フィジーでは1ヶ月間どのくらいの生活費がかかりますか?

3食自炊の方で約3万円となりますので、ほとんどの場合においてそれ未満となります。但し、留学生の方が一番お金を使うところは「遊興費」となります。こちらを管理して頂くことが、一番の節約に繋がると思います。

ページトップへ戻る

ホームステイ先は変えられますか?

変更は可能ですし、変更費用も非常にお安くなっています。必要な時に現地で変更を希望できるので、ご安心くださいませ。

ページトップへ戻る

ホームステイのリクエストは出来ますか?

アレルギーや持病をお持ちの方には優先して対応させて頂きます。但し、そういった問題ではないホームステイのリクエストは「出来る限りの範囲」でご対応させて頂きます。

ページトップへ戻る

どのようなテキストを使っていますか?

テキストは100冊以上(オックスフォードやケンブリッジ等)ご用意がありますが、基本は会話でレッスンを行い、購入した教科書を順番に勉強する形のレッスンは本校ではしておりません。TOEIC等の検定試験対策をするときなど、状況によって教科書を中心に勉強をする時もございます。

ページトップへ戻る

現地でTOEICの試験は受けられますか?

TOEICの試験はフィジーでは受験をすることは出来ませんが、練習問題や対策でしたら学校内でご対応させて頂いております。

ページトップへ戻る

日本人は多いですか?他国籍の生徒はどの位いますか?

ブルーウィルは日本人の為の語学学校ですので、一般の生徒さんは日本人の方です。但し、ブルーウィルでは現地の人をクラスにお招きすることと、学校を少人数制にしてスタッフの数を増やすことで調整を行っております。

ページトップへ戻る

1クラスの生徒数は何人くらいですか?

元々少人数制の学校ですので、学校全体の生徒数も多くありませんが、クラスでは必ず6人までとなるように調整しております。平均すると3~4名となります。

ページトップへ戻る

ワーキングホリデーVISAとは?

働きながら学習することが出来るVISAです。よく誤解されていますが、英語を伸ばす為のものではなく、経験(遊び)を中心にホリデイを過ごされる方が利用されるVISA(滞在許可証)となります。その為に、ワーホリ後にも本校にお越し頂く人も沢山いれば、ワーホリ前の準備に本校を利用される方もいらっしゃいます。

ページトップへ戻る

フィジーでの留学期間はどのくらいがいいですか?

目標にもよりますが、英語の成長に関して言えば長ければ長い方が成功する確率が上がります。学習者の努力は当然必要ですが、留学の成果を実感して頂くにはやはりある程度の期間は必要となります。目標に合わせて期間をお選び頂くことは留学の成功の最初の一歩だと思います。

ページトップへ戻る

フィジーで習った英語でも他の国で通用しますか?

もちろんフィジーで学んだ英語は世界中で通用しますので、ご安心下さい。フィジーは第二言語として英語を使っている国ですので、初心者にも優しくマイペースで学べます。
「英語を話す」ということは能力ではありますが、英語はファッションではなくて手段として利用されるべきものです。その為に、格好良く話せても通じなければ意味がありません。少しでも安価に活きた英語を学びたい方にフィジー留学はお勧めです。

ページトップへ戻る

I-PHONEや日本の携帯電話は使えますか?

携帯電話によりますが、ネットを利用する為のデバイスとしてもお使い頂けますので、既にお持ちの場合は渡航の際に一緒にお持ち頂いた方が便利だと思います。

ページトップへ戻る

そちらの学校が他の学校より良いという理由はなんですか?

前提として、学校が優れているかどうかは「各留学生が決めること」であって本校が判断することではないと考えております。
それでも我々の視点から見た時に、本校が優れていると自信を持ってお伝えできます。その為に、その視点である「比較の方法」をご説明して出来る限り多くの皆様に、明確な理解を持って本校を選んで頂く努力をしております。
また、本校は生徒の皆様の多くに「成功」して頂くことを目的としており、「顧客を大量に獲得する努力」はしておりません。
成功のポイントは留学生が「留学は自分の取り組みであることを理解して、物事を自分で解決する意識を留学期間中に常に持っていること」です。
その為にホームページの内容も、「誘う」内容というよりはその意識を高める目的で作成しております。

ページトップへ戻る

ホストファミリーと問題があったらどうすればいいですか?

まずは、落ち着いて学校に相談頂くことになります。人間関係の問題に固定の答えを求めるよりは、その都度学校に相談をして頂いて一緒に解決をすることになります。

ページトップへ戻る

そちらの空港に到着した時に何に気を付けるべきでしょうか?

到着ゲートまで一本道ですので、慌てずに落ち着いて到着ゲート迄来て頂きますようお願い致します。

ページトップへ戻る

ホストファミリーに対して信頼はありますか?

ホームステイに関しては、相性と管理がポイントになりますので、信頼に依ってマネージメントを怠ることはございません。何よりも、まず一日過ごして頂いてそれから利用者の生徒さんが「どう感じるか?」が重要だと思います。ホストファミリーに対する学校の評価よりも、利用されている生徒さんの評価の方が遥かに大切だと思うからです。迅速に変更する体制は学校で整っておりますので、ご安心くださいませ。

ページトップへ戻る

学校の周りの治安は大丈夫ですか?

学校は街の中にありますし、交番が50メートル圏内にございますので、治安も便利も良い環境です。

ページトップへ戻る

学校のスタッフの特徴はありますか?

フィジー住民の特徴でもありますが、とてもフレンドリーで親切な人が多いと思います。地元住民との違いとしては、責任感や真面目さだと思います。小さな語学学校ですので、皆で一つの家族のように働いています。

ページトップへ戻る

学校の先生はどのように選ばれていますか?

面接・トレーニング・評価・フィードバックとなります。特に、校長先生の評価によって決まるところが大きいです。

ページトップへ戻る

パッケージ価格でのプランとかありますか?

料金表に記載されている金額は既にパッケージ価格となっておりますが、追加のサービス(現地のピクニックやキャンプなどのイベント参加費用)もございます。それらはパッケージ価格とはなっておりませんが、自由参加ですので必要に応じて現地でご参加頂ければと存じます。

ページトップへ戻る

フィジー到着前に考慮するリスクはありますか?

留学に取り組む気持ちをしっかりと固めて頂くことだと思います。生活面での不便はありませんが、留学に対する「気持ちを固める」作業は到着前にしておいた方が宜しいと存じます。

ページトップへ戻る

英語は勉強しなくてはならないのでしょうか?

英語を話せることは、特別なスキルとして誇れる時代ではなくなってきております。足し算や引き算が出来ることと似たようなスキルに成りつつあるかも知れません。
それだからこそ、英語を学ぶ重要性が上がっていることは感じて頂けると思います。
本校が英語学習を提供する理由は、沢山ございますが、英語を学ぶかどうかは最終的に「自身の可能性を伸ばすかどうか?」の選択に行き着くと思います。
努力は必要ですが、英語は誰にでも学べるものです。才能よりも努力によって得られる能力です。
英語学習を通して自信を獲得し、様々なことに取組む「挑戦者としての姿勢」を得て頂くことは大きな価値があります。
迷いながら留学を決めることにも意味があると思います。是非とも十分に時間をかけて留学の気持ちを固めて頂きたいと思います。

ページトップへ戻る

ホストファミリー間での問題発生時の手続きは?

学校の開校時に、担任の先生又は校長先生にご相談頂きます。問題の内容にもよりますが、本校は小さな学校ですので対応も迅速ですのでご安心くださいませ。

ページトップへ戻る