無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

グループコース

本校は元々グループコースだけを取り扱っており、グループの
制約の中で出来ることは殆んどやり尽くしました。ネット上で
見つかるあらゆる制度も試し、本校スタッフは勿論、生徒さん
にもご提案頂いて様々な検証を行いました。授業時間を1日8
時間以上にすることや、文法学習を中心にしたこともあります。

その過程で見つかったシステムが、本校のアクティビティのシ
ステムです。数年に渡る実践と分析の結果として、現在の形と
なっております。下記の要点をご覧頂くと、幾つか「喜ばしくな
い点」も見つかるかと思います。それが「グループの制約」の本
ページで記載しているモノで、残念ながら一対一でない限りは
納得をして頂くしかない前提となります。

本校は少しでも安価に留学をして頂く為にグループコースを現在でも残しておりますが、誰にでもベストの形としては提案してお
りません。費用の安さと品質のバランスを考えた上で、選択肢として十分に対象となるものが本校のグループコースです。

また、グループコースの学習カリキュラムについて本校は様々な試みを繰り返し、やっと現在の形にたどり着くことが出来ました。
現在では、ほぼ全ての科目で「留学生の意向次第で取り組みを調整できる」ようになっております。
こちらのコースの要点を下記にご紹介させて頂きます。

グループコースの要点

1クラスの最大人数は6名まで

同レベルで6人以上となる場合は、同じレベルでもクラスが二つに分かれます。
1レベルに一人しかいない状態になれば、会話の授業だけは一つ下か上のレベルに入って頂きます。
(2018年1月から人数制限を変更いたします)

日本人以外の生徒について

現在キリバスの生徒さんを受け入れて比率を分けております。
不定期ではありますが、他国の生徒さんともコミュニケーションを測れるように本校独自の努力がされております。

レベル分けの判断は先生の評価中心

レベルが達していない状態で「早く伸びたいから上のレベルに上がりたい」等の希望は、残念ながら他の生徒さんの妨げになる
のが予想される為、受け入れは出来かねます。各レベルに定められたテストの点数をクリアすることでのレベルアップは可能ですが、
スピーキングテストの評価も一定以上である必要があります。

レッスン内容とスピード

文法学習も行いますが、学校では会話を中心のレッスンがメインとなります。
課外授業も行われます。クラス内の多数決にて決定しております。
学習スピードは一定の感覚で進みます。

レッスンスピードはグループコースにおいて最も問題となりがちですので、ここは一定の速度で進むことが義務付けられます。
クラスの速度が遅い場合でも、個人で取り組みが行える工夫がカリキュラムに施されておりますが、グループ単位で学習する
流れは必ず生じます。

グループコースの典型的問題のまとめ

どれだけシステムを向上させても、グループコースでは二人以上で学習する時に避けられない障害があります。
典型的なものを下記に記載させて頂きます。

レッスンスピード

レッスンの速度が早ければ個人の努力で克服して頂く必要があり、受講者の速度に合わせることが出来ません。
また、遅く感じてもそれは同様です。

他学生への劣等又は優越感

2人以上で勉強していると、ほとんどの場合において過剰な劣等感か優越感を持つ傾向があります。

レッスン内容の柔軟性

苦手分野などを重点的に学ぶ等は出来ませんし、内容も固定のものになります。

レベル分けの精度と自己判断

学習者の判断は考慮されません。クラス分けは全て学校の判断で決まります。

上記の項目はグループコースでは避けられない弊害ですので、受講を希望される前に前提として受け入れる必要があります。
また、マンツーマンコースでは上記の問題は一対一の体制を用意することで全て解決しております。

こちらのコースをお勧めできない方

(1)18歳未満の方

 未成年者には、当然多くのサポートが必要となる為です。

(2)30歳以上の方

 グループに参加される方の年齢層(14歳から)とのギャップを含む、精神年齢又は実年齢が高い為に起きる様々な弊害の為です。

(3)「グループでの制約」を受け入れられない方

 少人数制であっても、1人以上ならば出来ない調整がある為です。

上記の条件の方以外は、誰でもグループ形式のレッスンコースを自信を持ってお勧めすることが出来ます。
上記の条件の方でも、14歳以上の方ならば誰でもこちらのコースにご参加頂けます。
希望者の方は一度ご相談頂いて、その際の説明で内容を明確にして頂ければ「十分にご満足頂ける内容」であること、
ご納得頂けると存じます。

留学費用を確認する

そのほかのコース一覧


マンツーマンコース

マンツーマンコースは本校の提供する二つのコース中で、明らかに優位な内容のコースとなります。その為に、費用さえ許すならば誰もがこちらのコースを選択されることをお勧め致します。マンツーマンコースを受講されている方は、リクエストさえ行えばグループコースに入ることも可能です。

詳しく見る


高校生留学

高校生の留学をサポートする場合は、「定期的にご両親が現地にお越し頂く」か「一緒に滞在をする」等の留学への取り組みに積極的にご協力頂くことが必要となります。は「それでも留学に挑戦したい、挑戦させてやりたい」という真摯な気持ちを持っている方だけをお受入れさせて頂きます。

詳しく見る


滞在先共有のグループコース

こちらのコースは何よりも格安でホームステイが出来て語学学校に通うことが出来ること。共同生活に抵抗がなければ心配はございません。

詳しく見る