無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】贅沢がしたい

メルマガ【BlueWill】
uneisha2

日本から戻って思ったことを綴りたい
と思います。

幸せや成功の概念なんて個人によると
思いますが、


僕は少なからず自分なりに幸福に生きて
いきたいと思っています。

これは皆さんも同じだと思います。

そんな時に人生で沢山の人と出会って、
その出会いをより良いものにするために
色々なことに取り組みます。

何かの研究だったり、仕事だったり、
ゲームやクラブ活動でも、本質は人生
を豊かにする為の行動だと思います。

そういったグループの中には同じ国
から来た人だけではなくて、

外国の人もいらっしゃって(特にゲーム
なんかだと多いと思います)、

その為に共通言語である英語を学ぼう
とする(会話の為の英語を覚える)のが
英語習得を目指す人の多くの動機だと
思います。

出会いや言語の大切さは言うまでもない
ことですが、

僕は贅沢をしたいならば色々と「認識」
しなくてはならないとも思います。

例えば、夜ご飯で贅沢に10万円を使う人
が世の中にいらっしゃいます。

そういったところは、特別に高級な家具や
綺麗な景色や贅沢な食材、音楽、調理方法
のそれぞれに拘りがあって、

世間の価値観の中での「高い物」が使われて
いるからこそ、そういった金額を支払うこと
になりますし、

それは社会の贅沢をそのまま形にしたものです。


僕はそれはそれでいいと思いますが、

周囲の価値観だけを元に行動をすることは
中々に「闇雲な行動」だと思います。

価値観には社会に作られた価値観と自分
の考え方としての価値観がありますが、

僕は大学を卒業してからは自分の考え方
としての価値観の方が重要だと思います。

例えば、僕の贅沢をご紹介します。


晩御飯でインスタントラーメン
に野菜とハムを入れただけで十分に

「あぁ!贅沢してるな!!!」と思います。

負け惜しみじゃなくて、本当にそう思う
自分がいるんです。

これは、きっと僕が多くの人よりも認識
していることが多いからだと思います。

とても偉そうな言い方ですが、正直僕と
同じ感覚でインスタントラーメンを食べて
いる人と僕は出会ったことがないからです。

僕が日本の多くの人達よりも質素な生活
をしているにも関わらず、贅沢な暮らし
が出来ているのはこの認識の違いが理由
だと思います。

僕は農業をしているので、小麦粉を作る
ことの大変さを多少知っています。

農作物の収穫における「ハイライト」的
な存在が、米や小麦の収穫です。

小麦を育てることは勿論、収穫をして
それを粉にして小麦粉にして、

更にそれを麺にする工程を一人でするには
相当な時間と労力が発生します。

開墾まで含めれば、それは年単位の時間が
かかる重労働です。

更に僕の買うインスタントラーメンは
「ちぢれ」ているので、

僕はうどんを粉から作ったことはありますが、
相当な手間のかかるものだと分かります。

ラーメンの面はうどんよりも細いので、
切る作業は倍以上の時間がかかります。

それがなんと100円程度で5パックも手に
入るのです。

ここまでだけでも1年くらいの時間が
節約できていると思います。

次に野菜ですが、夏野菜を育てるのに3ヶ月ほど
かかりますが、これも土の準備まで考えれば
その努力は途方もないものです。

現在、本校の農場でも色々と取り組んでいますが、
水やりの為の設備、トラクターの購入、肥料の
購入、やることはとても多いのです。

それがなんとスーパーマーケットで簡単に
手に入ってしまいます!!

これは2~3年の時間の節約になるでしょう。

因みに調味料として使われている塩ですが、
僕は海水から塩を作ったこともありますが、

・・・かなり面倒くさいです。何時間も
土鍋でぐつぐつを沸騰させて、にがりと
分離をして、ようやく手に入ります。


最後に「ハム」です。

豚の生態を勉強中の僕ですが、養豚は
畜産の中でも最難関だと僕は思います。

豚肉の製造の過程は専門の大学で何年も
学んで、ようやく「なんとなく」分かる
レベルで、

養豚業に従事しても全体を把握するのに
15年くらいはかかります。

しかも、まだまだ実験を行うべき飼料や
育て方が山のようにあります。

もちろん、大量に出る排泄物の処理も
重要な仕事で、

400母豚もある養豚場ならば1000万円以上
する排泄物処理の設備を作らなくては
なりません。

そんな畜産の苦労の結晶である豚肉のハムが、
僕の夕食のラーメンの上に乗っているんです!!

これは、何とも信じがたいほどの贅沢です。


しかも本来フィジーでは生産が非常に難しい
コショウまで使っています。

コショウは昔は金と同じような価値を持って
いることもあった特別な調味料です。

輸送のコストなども考えると、それはお金
だけの問題ではなく16世紀の大航海時代
ならば、幾人もの人命を必要とする大事業
にあたります。

晩御飯でインスタントラーメンを食べて、
僕はとんでもない贅沢をしていると自覚
をしています。

皆さんはどれほどの贅沢をされているの
でしょうか?

贅沢をするということは、必ずしも金銭
を多く払うこととイコールにはならないと
思うのは変な考え方なのかも知れません。

でも気づくべきことに気付くだけで沢山の
贅沢を無駄をしていることを認識すると
思います。

こういったことを理屈ではなくて体験で
感じるのもフィジー留学の特徴なのかも
知れません。

今回は、「贅沢がしたい」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。
 

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る