無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】自信がなくなってきた・・・

メルマガ【BlueWill】
uneisha2

今回は、農業について語りたいと思います。


本校の農場でも少し前から豚を入荷
して、ようやく牧場らしい趣になって
きました。

豚はとても賢い動物で、知能は犬以上
と言われています。

ただ、性格が中々警戒心が強くて臆病
であり、犬のように忠実ではありません。

放牧養豚の実験中なので、脱走した豚を
捕まえたことが何度かありますが、

僕はなんとなくものすごい勢いで走る豚
を掴める自信もなく、

しかも捕まえられた豚が

あの「ブーブー」という豚の可愛い鳴き声
が高音の「ギィィィィィィヤァァァッァ」
と鳴かれたときには本当に

「やりたくない」と思いました(笑)

とは言え、僕だけやらない訳にはいかない
ので、僕だからこそ嫌なことは基本的に
全部やらなくてはなりません。

下痢気味の豚に漢方料理(?)を作って
食べさせる試みをしようとしたときに、

僕も自分で豚を捕まえました。

近づくと逃げるけど、じっとしていると
好奇心旺盛な性格をしている豚は寄って
きます。

そこで、僕はじっとして息をひそめます。

豚が少し距離を置いていますが、横目で
僕を見ていることが明らかに分かります。

呼吸すら浅くして僕を注意深く観測して
いるのが明らかに分かります。

極力目力を弱めて草食動物の心で豚の
様子を探る僕です。


もう本当に目の前に来た時に頭のスイッチ
を入れて捕まえるのですが、

「動かない」んです。そう捕まえる僕が
怖くて体が動かないんです。

「やればいいことが分かっているのに
やれない状態」です(笑)

こういう状態になると「考えれば考える程
にやれなくなる」ので、

無心になりました。

それから数を数えて機械的に実行!


・・・・やりましたが、実行までに時間が
かかったことで何となく敗北感があります。

しかもこの豚、予想以上に軽かったんです。
こんな重量ではダメなのでもっと食べさせ
ないとなりません。

飼料を作る所から自分たちでやらなければ
ならないので、本当に大変です。

日本だと飼料は民間企業や農協が販売して
それを購入するだけでいいんですけど・・・。

まぁそれだけ難しいから遣り甲斐もある
のですが、思った以上に難しくて正直
プロのアドバイスが必要です。

本を読む程度ならば僕もやってますけど、
養豚は本当に大変です。

さてさて、そんな中で僕も自信がなくなって
きたことがあります。

自信過剰でへこたれない僕でもそういう時は
当然あります。

それが「この豚・・・僕は食べれるのか?」
ということです。

皆さんは子豚を見たことはあるでしょうか?
見た目からして非常に可愛いです。

確かに警戒心が強くて人懐っこい訳でもない
ので、犬に比べると愛着はわかないかも知れ
ませんけど、

だからこそ、近づいてきて慣れてくれると
余計にかわいく思えます。

ただ極端に臆病なのでそこは理解してあげる
必要がありますけど。

この豚さん、丸焼きにするのか、ハムにする
のか、それとも加工してソーセージを作るのか・・・

正直、そういった感傷は「甘ったれ」の発言
だと思っています。

スーパーマーケットに行けば切り身にされた
「生き物の残骸」が沢山打っていますし、

それを見て「旨そうだ」と思う訳です。

でも自分で愛情をかけて育てたものを
食べるのは理屈無しで「出来ない」感じ
がしてきました。

まだまだこの子たちが大きくなるのは何年も
先のことですけど、

犬や猫を食べる人たちを僕は非難しませんけど、
「何であれ愛情をかけて育てたものを食べること
は出来そうにない」です。

ここ最近の一番の心配事ですけど、これも
農業を始めたから感じれることで、

こういった経験が出来ることに感謝します。


・・・以前は育てた家畜を学校の皆で食べる
のは教育上いいことだと思いましたけど、

実際に体験していると生徒にはとても
させられないと思います(笑)


今回は、「自信がなくなってきた・・・」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。
 

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る