無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】メリークリスマス(フィジー)

メルマガ【BlueWill】
uneisha2

年末が近づいてきました。この時期は生徒さんが
少ないので、僕ものんびりムードです。


年末年始狙いで留学に来る方もいらっしゃい
ますけどね。

すっごく当たり前のことなんですけど、フィジー
って正月がありません。

・・・・・え!?

って思いませんか?僕は未だにこの感覚が
抜けきりません。

正月ってもろ日本のイベントですから、世界的
には1月1日が日曜日でもない限りはその日だけが
休みになるだけで2日からは平日な訳ですけど、

なんとなく「5日くらいまでは休みだよね~」
って思ってしまいます。

ブルーウィルは学期制じゃないので年中開校
していますけど、まぁ単純に僕が休みが好き
じゃないからですね(笑)

好きなことしているのに「休み」もらっても
モジモジしてしまうだけです。

さてさて、皆さんはクリスマスをどうお過ごし
でしょうか?

フィジーの場合だと、物凄く暑いクリスマスです。

12月はマンゴーのおいしい時期ですが、
同時に真夏でもあります。

日本にこの時期に住んでいた時は布団に
出ることが躊躇わずにいられない僕ですが、

フィジーでは布団をそもそも必要としない
状態です(笑)

しかもラウトカは年の9割は晴れてますから、
今日も晴天、明日も晴天、明後日も晴天・・・。

超常夏なクリスマスです。

ヤシの木にデコレーションをしてもパッと
しませんし、クリスマスムードは限りなく
ゼロに近いです(笑)

でも、僕は何故かフィジーでのクリスマスは
結構好きです。

日本だとキリスト教っていうよりは、子供や
恋人の為のイベント的なものですよね?

フィジーは一応キリスト教が多いので、
家族が集まってご飯を食べます。

毎度のことですけど、フィジーでの遊びと
いうと集まって話すことばっかりですし、
そこがフィジーの根本的な魅力だと思います。

フィジーはとても平和な国です。

そりゃ、犯罪のない国なんてありませんし、
警察もいる国です。

家を燃やして怒られない国とかではあり
ません。

でも、とてもバランスの良い国だと僕は
思います。

平均寿命が世界一の日本に比べれば長く
ないし、物にあふれている訳でもない国です。

でも、僕たちが幸せを感じて生きるに
必要な分は十分にあります。

僕は海外のフィジーにずっと住んでいますから、


きっと日本に住んでいる皆さんよりも
「日本人であること」を意識することが
多いと思います。

また、僕にとってそれは誇りでもあります。

でも、日本に帰国するたびに思うのがあの
絶望的なまでの「忙しさ」です。

旅行をしていても「忙しい」状態になって、
中々「ボケ~」っと出来ません。

僕も日本に帰る前にチェックシートを作って
無駄のないように毎朝スケジュールを作って
行動します。

フィジーでは日の出と夕暮れを見て、ボケっと
しています。

馬鹿にみたいに思うかもしれませんが・・・・

実は僕は日本に帰国の度に「ホームシック」
になります(笑)


大体、慣れるには65日くらいの期間が必要に
なる訳ですけど、僕はこの道のプロなので、
とにかく遊びを入れるようにします。

それでも滞在の3週間目になると日本に対する
文句ばっかり出てきます(笑)

人にえらっそうに言ってますけど、僕も
ホームシックを解消する方法って「時間」
以外には知りません。

友達でもフィジーから連れてこれれば
いいんですけど。

フィジーって本当に色々と進んでいない
国なので、大体が「自分でする」ことに
なるんですね。

その状態になれて、大工仕事から水道工事
から電気仕事までを自分でやってしまうと、

日本にいるとなんだか「何もできない人」
みたいな状態になって「疲れる」ことが
あります。

業者がしっかりとしていますから、日本
では自分の仕事だけきっちりとしていれば
いい訳です。

お金さえ払えば完璧な仕事っぷり。

その環境はとても便利ですけど、主体性
が育まれる環境とは大きく離れると思います。

アメリカだって進んでいますけど、車の
修理くらいは自分でするという人が多い
のに・・・

日本だとほぼ全員が業者に依頼します。

悪いことではないんですけど、
「じゃあ何処で思考して学ぶ機会があるねん!」


という不満が日に日に募ります(笑)

学び慣れて、取り組み慣れてしまうと、
どうも「任せ慣れ」が苦手になるようです。


そこで今回はクリスマスパーティのやり方
も変えてみました。


毎年学校のクリスマスパーティーでは、
僕が学校で調理をしていたんですけど、
でも今年は僕だけがやりません。


・・・ところが、調理を担当してくれる
人が病欠なので・・・結局僕がやること
になりそうです。


フィジーでは業者を呼んでも来ない、
ということも日常茶飯事です。

他人をあてにしても上手くいかないことが
多いから、結局自分でやることになります(笑)


「今年は各自が調理をするそうですから、
僕も一品だけを提供する予定です。」

とここでは書くつもりだったのに、まさか
結局僕がやることになるとは・・・。

このように、日本とフィジーでは環境が
大きく異なりますが、

思えば僕たちが楽しい時間にすることは
「話すこと」に落ち着きます。

僕たちは思った以上にコミュニケーションに
飢えているのかも知れません。

人に話すこと、話を聞いてもらうこと、
当たり前ですがとても大切だと思います。

「人と一緒に過ごす時間を大切にする」
ことは結構忘れがちになりますので、

クリスマスをそういった機会に活用して
頂きたいと思います。

定番のクリスマス映画を一緒に見るとか
でもいいですよね。

今回は、「メリークリスマス(フィジー)」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。
 

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る