無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】目の輝きの違い

メルマガ【BlueWill】
uneisha2

随分前のことです。3年程前になると

思います。

 

 

その時に生徒さんの一人の方に子供の目の

輝きについて質問を受けたことがあります。

 

 

「フィジーの子供たちの目はどうしてあんなに

輝いているのでしょうか?」

 

 

僕は目の輝きについて考えたこともなかった

から、その人の「勘違い」だと思いました。

 

 

「目なんて輝かないぜ」という意見ですね(笑)

 

 

ただ、最近それがよく分かるようになりました。

比喩ではなくて「目は輝く」ものだと思います。

 

 

多分これは日本とフィジーの環境の違いによって

感じるギャップだと思います。

 

 

スマホやテレビゲームがなんとなく教育上マイナスに

なりそうな印象を受ける人って多いと思います。

 

 

僕はその中でも最大のマイナス要因は

「一人になる時間がない」

事だと思います。

 

 

人は成長をする上で「一人の時間」を持つことが

大切です。

 

 

家で、一人でいてテレビゲームをしている「一人」

ではなくて、一人で考える時間です。

 

 

これがないと流されっぱなし、受けっぱなしの

思考能力のない人間が出来上がるだけだと思います。

 

 

子供に限らず、僕たちは常に刺激を求めるので

今よりももっと刺激的なことを求めます。

 

 

日本みたいな進んだところだとyoutubeやテレビ

などでそういった外部からの刺激(娯楽)が至る

所に溢れていて、

 

手元にすぐその刺激を得る為の環境があります。

 

 

また、昨今の日本「与える」ことを競い合うような

風潮がありますから、

 

 

主体性を発揮する機会が逆に減り、その結果として

目の輝きを失うことになるのだと思います。

 

 

モノに囲まれて、沢山の機会を与えられているのに、

上手くいかない理由は、子供の主体性が抜けている

からだと思います。

 

 

好奇心を持って何者又は何事にも接することで

自然と現れる輝きなのかも知れません。

 

 

日本の方がフィジーよりも物質的には100%恵まれて

いますが、フィジーの子供の方が目の輝いている子が

多い印象を持つ・・・

 

 

日本のような恵まれた環境でも苦しんでいる人は

いると思いますし、

 

 

因みに日本の自殺率は増え続けて、先進国では

トップだそうです。

 

 

この現象を見ても、間違いなく「お金が問題ではない」

に関わらず、お金中心の泥沼思考にはまっていく・・・

 

 

与えられることに慣れてしまうと、与えられない時に

「耐えられない」ようになることも仕方ないと思います。

 

 

留学でもどんどん主体的に行動をしていかないと

上手くいきませんが、

 

 

これが人生ずっと受態的(?)になるとどこかで

「世の中恨む」以外選択肢なくなることも理解できます。

 

 

お金で解決の出来ない問題こそ、時間をかけて

取り組むべき深刻な問題なのだと思う今日この頃です。

 

 

今回は、「目の輝きの違い」を

題材とさせて頂きました。

楽しんで頂けましたでしょうか?

 

 

 

いつも「いいね」して頂いてありがとう

ございます。

 

 

また次回をお楽しみに~

 

 

このメールにそのままお返事頂くと

僕が直接全部お返事しますので感想、

ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る