無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

メルマガ【BlueWill】面白い典型的反応

メルマガ【BlueWill】
for viber


留学経験者しか知らない実は物凄く
ありがちな反応をご紹介して、

それが何故そうなるのか?という検証を
お伝えしてみようと思います。

今回は珍しく留学について知りたいかは
必見の内容になりそうです(笑)

「韓国人と恋に落ちる」


「え?」という内容ですが実は結構論理的
に説明できます。嘘じゃありません。

「恋に落ちる」というのがそもそも
留学生にはよくあることです。

でもその中でも韓国人と恋に落ちる
ことが多いんです。

フィジーには韓国人は少ないから日本人
同士での恋愛になり易いですし、

現地の男の人と日本人の女性が付き合う
事の方が多いんですけど、

韓国の方と恋に落ちる留学生は世界的には
かなりの数いらっしゃいます。

そもそも留学生は誰もが何かしら「孤独」
な状態にあります。

だから留学を上手く活用しようと思うと
「誰か知り合いと留学をする」のが最も
成功率を上げる具体的な方法になります。

精神的に安定するからだと思います。

特に彼氏彼女、夫婦なんかだとこの効果
は圧倒的だと言えます。

「ふざけてる」と思うかもしれませんが、
実際に僕は留学生を多数みてきています
けど、友人又は恋人と留学をしている人
の方が成功率は圧倒的に高いです。

というよりは、今の所の僕の経験上では
100%成功しています。

でも、普通は知り合いと留学に来ることは
難しいことだったりするんです。

だから一人で留学をする人はそれを現地
で調達することが成功率を上げることに
なります。

「ひと時の恋」のようなちょっと冷たい
考え方に思うかもしれませんが、

事実としてそういう考え方も留学では
あります。

孤独だから、恋愛の下地となる「相手を求める」
という状況が自然と出来上がっています。

だから恋に陥りやすいのはお分かり頂けると
思うのですが、実は「ハチャメチャ」な状態
になっている方もいます。

マネージメントが甘い環境に行けば行く程に
そういう状態になる傾向があります。

本校も1年目と2年目は結構ハチャメチャでした。
僕のマネージメントスキルが全然低かったこと
から、そういう生徒が沢山いました。

因みにワーホリのような環境でもそうなり易い
んですけど、それはマネージメントが全くない
わけですから、道理です。

本校では今は学校のスキルが上がって、
そういうハチャメチャな状態になる人が
ほとんどいらっしゃいません。

でも、実はハチャメチャになり過ぎない程度ならば
そういう風にするのって全然ありなんですよね。

孤独が埋まる分だけ本来の目的である英語習得
に集中できるからです。

勿論、一定以上精神年齢が高い方や一定レベル
の覚悟を持っている方だと、そこら辺はあまり
関係ないと言えます。

ハチャメチャになる人が多いのは、ただ孤独な
精神状態なだけではなくて、「外国という空間
であること」も原因だと思います。

今までの経歴やら、過去のしがらみがない
状態で・・・言ってみたら「ひと夏の恋」の
下地も同時に出来ています。

だからこれに嵌る人だとずっと恋愛して
いる人もいらっしゃいます。

その上、韓国の方と恋愛に陥りやすい理由も
別であります。

それが「外国人を求める心理状況に
あること」です。

韓国人だと相手も英語初心者で話し相手
として引け目を感じることがありません。

でも英語でしかコミュニケーションが取れ
ません。

それに韓国と日本の文化は共通する所や
共感できるところが意外に多いのです。

だから「外国人と話して英語を伸ばしたい」
と考える人は自然とそういうことになり易い
と言えます。

マジな話ですけど、僕も韓国人女性と熱い
恋愛をしました。

・・・と言っても、僕が勝手に熱くなって
いるだけで向こうは氷のように冷たい対応
で物の見事にばっさり振られるわけですが(笑)

女性同士だと分かりませんが、僕の経験上だと
同性友達も韓国の人は結構気の合う人が出来
易かったと思います。

別に典型的だから「悪い」という訳でも
ありませんし、


確かに日本人同士で日本語で話しているよりは
随分と英語の足しにもなると思います。

まぁ「地道に勉強する」以上の近道はないと
断言できますけど(笑)

次に、在りがちなことが「留学後を考える」
というものです。

留学を最大限に生かす心構えは「留学中のこと
しか考えない」だと僕は思います。

正直な話、先のことを考えたって分からない
ものは分かりませんし、


そんな考えても分からないことに時間を割く
ならば現状に集中した方が将来に繋がります。


でも「分かっちゃいるがやめられない」状態に
なってしまうんです。

「英語が伸びた結果に依って留学後の方向性が
決まる」にも関わらず、

「留学中に留学後のことについて考え続ける」
ことは明らかに時間の無駄ですが、

でも普通は少なからず「そうなる」ものです。

特に留学開始から3ヶ月くらいはカルチャー
ショックとホームシックに無意識でやられて
しまってますから、

1~2ヶ月の間はそうなる可能性が非常に高い
と言えます。

そうならない人もいます。精神の熟成度の
問題です。

そういえば、結構前に他校の生徒さんが泣き
ながら僕の学校に来て「転校したい」と言って
話(愚痴)を言いに来たんですけど、

僕はこんな性格をしていますから、その方の
「矛盾した行動」を論理的に説明してあげた挙句、

如何に「未熟な思考をしているか」を懇切丁寧に
解説してあげたらちょっと怒って帰られました。

転校生を受け入れない訳ではないんですが、
まるで「意味不明な文句」を言っている人は
危険です。

思考が定まっていないパニックの状態に
なっている証明だからです。

そういう人は「そっと抱きしめてあげる」とか
「ひたすら話を聞いてあげる」とか、

説明よりも「ケア」を先に与えないと
ダメというレベルがあります。

火事場で「人生とは何たるや」と言う問答
をしようものなら張り倒されると思います(笑)

パニックになっている人にも2種類あります。

その後によくなる人、気絶させた方が安全を
確保できる人、です。

この方は後者で、精神状態が既に「手遅れ」
だったので帰国するのがベストだと僕が
判断したから、そういう対応をしました。

相当にやられてましたね・・・・・。


それに本校は「売りっ放し」の学校じゃない
だけ、問題がある人を受け入れると長引き
ますから、そういう人は注意しています。

・・・・でも可哀そうなことをしました。

そもそも意味不明な文句を言う人は「気持ち
よ~く騙されたい」人が多いから、

僕のような真面目に人を成長させようとする
人間に相談に来ると「いじめ」のような状態
になります(笑)

皆さんは僕のメルマガを読んでいるから知って
いると思いますし、分からないとしても「へ~」
くらいには思っていると思いますが、

留学で成功する人は「秘めているポテンシャルが
優れている」ことを証明できる人です。

留学を成功させられない人(つまらない
留学になっている人)は、そもそもその
人の精神性が純粋に低いんです。

逆に留学を楽しめるようになれば
「留学で最も伸びるタイプ」とも
言えますね。

たまにやたらと人格が優れた方がいらっしゃ
いますけど、そういう人は「得る」という
よりは帰国まで「楽しく過ごす」感じです。


本校だとホストファミリーの変更とかはすぐに
出来ますし物凄く簡単です。

でも「変更したいです」と、言い出すことすら
できない人には本校の品質はまるで無駄です。

こういうことが留学での障害になり易いん
ですけど、結局本人以外どうにもならない
問題でもあります。

就職の面接とかを僕の学校がやれば相当に
社会的に優れた人間を選抜することが出来る
自信が僕にはあります(笑)

留学はその人間の本性(底)が丸見えになる
からです。

勿論、英語習得という大義名分はありますが、
自分の将来の可能性を高めたい人が留学をする
ものだと思います。

その中でも課題が各留学生ごとに全然違います。

特に英語がある程度話せる人だと、英語学習と
まるで違う内容が課題になります。

狭義では「英語習得」が留学の目的ですが、
大義では「自己成長」が留学の目的だからです。

それに取り組むことが出来る人は「かなり忙しい」
留学になりますし「苦労する」ことになります。

それに取り組まずにいる方は「やることの少ない」
留学になって「楽をする」ことになります。

これが最後の典型的な反応「上手くいく
人は感謝をして、上手くいかない人は
文句を言う」です。

全く同じ時期に留学をしている生徒でも
分かれます。

何も特別なことをしていないのにやたらと
感謝をされたり、散々サポートしてあげた
のに文句を言われたり・・・

こういう典型的な反応を覚えておくと
留学中に自分がどういう状況にあるのか
を把握して上手く操作することが出来ます。

・・・・まぁ、カウンセリングで相談する
方が圧倒的に楽なんですけどね(笑)

今回の内容は「経験しないと分からない」
ものばかりなので、

どちらかと言うと現在留学をされている方に
とってのお役立ち情報かも知れません。

今回は、「面白い典型的反応」を
題材とさせて頂きました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

いつも「いいね」して頂いてありがとう
ございます。


また次回をお楽しみに~


このメールにそのままお返事頂くと
僕が直接全部お返事しますので感想、
ご質問、ご相談など、ご連絡下さい。

メルマガ【BlueWill】

メルマガ【BlueWill】を見る