無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

短期留学をご希望の方へ

ブログ
resize0632

resize0386

本校では最短1週間からお受入れを可能としております。まずは、期間とそれぞれの目標の基準を下記にご紹介させて頂きます。

★留学の目標と期間の調整基準★

【1日~14日:留学の形態をとった海外旅行】

観光を目的とされる方にお勧めです。


【30~60日(2ヶ月未満):観光、ダイビング等】

学習目的であれ、観光を中心に行動する(楽しむ)
ことが結果的に最も良い成果を残す期間であり、


留学での思い出や出会い等を求める方にお勧め
の期間です。


【80日ギリギリの期間(約3ヶ月):留学体験、異文化交流、英語学習体験】

英語学習の方法を学ぶ英語学習の入門的な
役割となる留学期間です。

海外が初めてで「ちょっとした留学体験」
を希望する方にもお勧めです。


【6ヶ月:英語学習、ワーホリ準備】

留学で英語を習得して、ワーホリ等の準備的な
意味で留学成果を求める方にお勧めです。

resize0415 ​​
【8~9ヶ月:初心者の方で中級レベルに到達、英語習得、ワーホリ準備】

日常会話よりもう一つ上のレベルでの英語習得を
目指して確実な留学成果を得たい方にお勧めです。


【12ヶ月:英語を学び終えて、次のステップに進みたい方】

英語学習を終えて、英語圏で何かをする又は
英語に関わらず次のステップに進みたい方に
お勧めです。

*上記の目標と期間をご参考頂き、目標又は期間の調整にお役立て下さい。

本校は、留学期間や目標をどのように持たれていても「本人の自由」であると考えております。

但し、各目標には必要とされる期間があり(厳密には個人によって違うものの)、間違った留学プランで留学を開始すると不満足な結果となること避ける為に、留学カウンセラーの立場として下記にアドバイス記載致します。

 

resize0394

留学を成功させたい方の何よりも大切なポイントとしては、これらの期間と目標に従うことをお勧めさせて頂きます。

短い期間であっても目標が期間に合ったものならば、充実した楽しい時間を過ごし貴重な経験を得ることが可能だからです。ところが1ヶ月程度の期間で「英語の成長」等を期待していると、「不可能な留学プラン」を実施していますから、この場合は計画の段階で失敗をしていることになります。

短期留学の場合は「英語を勉強しない」のではなくて、「楽しむことを優先順位の最上位に置く」ことを考えることがこの期間を充実して過ごす大切なポイントになります。

因みに、英語学習の成果をお求めなら6ヶ月以上からお考え頂くことが現実的です。各期間それぞれに魅力がありますが、サポート側として多くの留学生の方と接している経験から、確実な違いが生まれるもの毎に分けて基準を記載しております。

留学と言う舞台の上で多くの経験を積んでほしい本校としては、少しでも長い期間の留学を選んで頂きたいのですが、様々な事情によって誰もがそういった選択を出来ないことは重々承知しております。

また、どうしてもこれらの期間と目標に従うことが出来ない場合で、短い期間で目標も「英語の成長」から変えることが出来ない場合は、80日の滞在期間を確保頂いてマンツーマンコースを選択頂くことをお勧め致します。

どちらにしても「焦って短い留学をする」のではなく、少しでも長い期間(本来の目標で)の留学を選択して頂きたく存じます。

resize0385

【エンターテイメントとしての留学】

エンターテイメントを目的とした留学をされる場合は、留学プランの作成において様々なコツがあります。

1.日本人比率の多い所に留学をする

2.短ければ短いほどに現地での旅行等がお勧め

3.日本の大学が休みの時期を選ぶ(同じ目的の同士との出会い)

4.楽しむことに集中する(英語への興味を高める)

5.友達を沢山作るようにする(価値観を広げる)

6.日本語でも英語でも語りあう(意見交換をする)

本校では、短期留学は基本的にお勧めしておりませんが、これは内容が悪くなるからではありません。本校が「留学を自己成長に使う」ものとして考えていることが主な理由となります。

お申込みされる皆様が、留学を「エンターテイメント」として考えた時には、上記のポイントを押さえた短期留学の方がお勧めです。

留学はご自身の取り組みですから、アミューズメントパークのような対応を学校に求められても困りますが、各留学生の状況において、その目標が「エンターテイメント」でも問題はないと思います。

但し、留学と言う形態をとられる限りは「エンターテイメント」という目標であったとしても、カウンセラーと相談をしながらも自主的に行動をすることが求められます。

resize0403

また、フィジーではこういった取り組みは比較的簡単に出来ると思います。これは、フィジーが英語圏であることを含めて「簡単に友達を作ることが出来る環境がある」からです。

このポイントは特に「旅行者」にとって非常に重要であり、世界的にとても珍しい国です。だからこそ、英語を母国語とする人たちにとって魅力ある独特な雰囲気がフィジーにはあります。

また、エンターテイメントを目標としていても英語のレッスンを楽しく受けて頂くことで、英語学習についての理解も養われますし、遊びながら英語の経験値が上がることも短期留学の魅力です。

本校では、長期の留学を充実した時間とする為に各期間(約3ヶ月毎)に留学生が行うべき取り組みを現地にてご紹介しておりますが、実は1年間の長期留学生であっても留学の最初の取り組みは短期留学生と同じように「エンターテイメント」(友達作りを含めた現地の環境を楽しむこと)を課題としております。

驚かれるかもしれませんが、「自己成長」「英語力の養成」「満足度」において「遊びに取り組むこと」が短期(又は留学初期)の海外留学を有意義に過ごす最大の方法だからです。

ブログ

ブログを見る