無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

長期休みで留学をご希望の方へ

ブログ
ayako

resize0366

特に大学生の方で留学を検討されている方だと、夏休みや春休みの長期休みの期間に留学を検討されることが多くございます。

留学期間を決める時にお勧めされる期間は目標によって違いますので、本来は目標によって期間を決めることになるのですが、長期休みの留学の場合だとご自身で期間を選ぶことが出来ないケースが多く、ここでは目標を調整して充実した留学計画を立てることがアドバイスとして有益だと思います。

どんなに、ご本人が希望されても一般的にゼロから語学習得を1~3ヶ月だけで行うことは現実的に不可能です。確保できる期間(休み)によって留学内容は全く変わったものとなりますので、ご自身が検討されている期間を中心に下記のアドバイスをご参考くださいませ。

 

【1ヶ月~2ヶ月未満の留学】

留学前から、週末の予定は決める心算でいることをお勧め致します。この期間の場合は、留学という形態はとってはおりますが「感覚としては観光のつもり」にした方が良い結果になるので「学習に集中してストレスを溜めること」は避けてください。

勿論、「勉強をしないと言うのも嫌」と思う方は、英語学習に取り組むことも自由です。ただ、優先順位の一番は「楽しむ」ことで学習も「楽しむため」なら頼もしい限りです。

また、この期間で留学をされる方は、出来る限り学校の人数が多い8月の上旬や2月の中旬の期間に留学をされることがお勧めです。「人数が少ない方が良い」は学校の総数としてはその通りなのですが、この期間の留学の場合だと人数が少ない時期では「上手く遊ぶことが出来ない」方もいらっしゃいます。

旅行に行ったり、バーでお酒を飲んだりすることも、簡単なようで気の合う仲間がいなければ一人では中々出来ないことです。また日本人同士で日本語を話して過ごした方が「楽しみ」が倍増するならば、迷わずにそうされるべきです。

resize0338

今まで多くの短期留学生を見てきた結果ですが、「楽しむ」ことに成功した方は結果的に満足度の高い留学となり、英語にも更に興味を持つようになり(その後の英語学習に活きる留学)、ポジティブな影響を受ける傾向がございます。

「勉強に集中しない」ことも大切ですが、「留学を楽しむ」を常に頭の片隅において行動されることが2ヶ月未満の留学のコツだと考えております。

 

【3ヶ月未満の留学】

日数で65日程度を超えたあたりから、生活も慣れてきてカルチャーショックもホームシックも無くなってきます。こちらの期間を選ぶ方でも、前半は上記の【1ヶ月~2ヶ月未満の留学】の方と同様の過ごし方が勧められますが、65日を超えたあたりから楽しさを実感できますので「上手く遊ぶことが出来ない方」でも、留学を終える頃には、「楽しかった!」と感じる満足度は高くなる傾向があります。

「感覚としては観光のつもり」という、一見すると留学ではないような考え方に納得が出来ない場合でも、満足度が高く留学を楽しみやすい期間と言えます。

長期休みで3ヶ月の期間を確保することは少し難しく、短い休みの期間しかない学校だと難しいとは思いますが、内容としては明らかに違ったものとなるので、短期留学としての経験を積みたい方はやはり80日程度の期間の確保は必須だと思います。

resize0350

また、英語の成果としては期間が足りませんので、留学期間中に習得できるほどではありませんが、英語学習上でとても役立つ経験を得ることが出来ます。これを更に高い「英語習得」を目標にするならば、6か月は必要になりますから、休学を検討する必要もあります。

「どのくらいの期間で英語が伸びるか?」等は人に言われたり、本を読んだりするだけでは中々納得の出来ない方もいらっしゃいますので、その場合は一度3ヶ月の短期留学を経験した上で、ご自身の経験から答えを見つけなくてはならないのかも知れません。

本校のメルマガの内容なども、短期留学の後では納得のいくことも沢山あると思います。今後の英語学習の為にもこういった知識を受け入れる為の経験が身に着くことは、3ヶ月の留学の有益な特典の一つとも捉えられると思います。

ブログ

ブログを見る