無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

社会人で留学を希望されている方へ

ブログ
resize0186

resize0384

社会人の立場になると、数か月間の休暇をとることが困難になります。長期休暇を可能にするならば、辞職以外に他に方法もなく留学の為に通常の道を離れることになるので、精神的に大きな負担となることも考えられます。

 

その為に、現在留学の為に辞職を考えられている方のプレッシャーはとても大きく、大学生が休学を決断することと同様に精神的に大変な労力が要求されるでしょう。

 

こういったケースだと、ご自身の現状を踏まえた上で留学プランの作成と同時に、プレッシャーに打ち勝ってご自身の夢を実現する為に少しずつ気持ちを固めていくことが課題となります。

ただ、もし将来的に「転職」を検討されているならば、辞職のプレッシャーを和らげ精神的な労力がとても軽くなるチャンスであり、留学においても良い効果を得ることが出来るので「社会人の皆様にとって一石二鳥のタイミング」となります。          

そもそも、留学は辞職の理由として理解もされ易く、内容としてもとても前向きな辞め方になります。また、一度社会を経験された方が留学をされることは、皆様が考える以上に留学をして有意義に過ごすことが出来ます。

運も絡む要素なので、そのタイミングまで待てないということもありますが、転職を考えているならばその前に「留学」を行うことは選択肢として、とても魅力的だと思います。

元々留学は、現状で満足している人が行うことではなく、未知のものに挑戦する気概を持っている人達が挑戦するものです。

そして、社会人経験をされた方の多くは、その経験が無い方以上にこの留学期間を「貴重なもの」と理解出来ますし、留学後に戻る自分たちの位置もしっかりと把握しています。

現実を想像しているだけの状態と、ある程度分かっている状態ではその悩み方も大分異なりますし、建設的な留学プランを実行し易い利点はとても大きいと思います。

留学を成功させるということは、皆様が考える以上に奥が深く大変やりがいのある挑戦です。

また、そこから得ることの出来る自己成長も、とても大きなものとなります。特に20代~30代でご自身の将来に悩まれている方や多くの経験を積みたい向上心の強い方には、是非とも挑戦して頂きたいと思います。

resize0388

【キャリアアップとしての留学】

キャリアアップの最初のステップとして英語に取り組む人は少なくありません。それは、英語は色々なキャリアにおいて応用の効く能力だからです。

英語そのものをキャリアアップに使うという考えの方もいらっしゃいますが、どの分野のキャリアでも伸ばしていけば「必然的に求められる能力が英語能力である」という考え方が適切だと思います。

 

その為に、そのようなレベルになると時折「常識」のようなレベルで求められます。ただ、実際にそれまで英語に触れていなかった人が、いきなり英語能力を常識として求められても当然対応することは出来ません。

 

また資格試験と違い、英語は論理的に理解して向上していくというよりは、スポーツに近い能力です。

その為に習得には時間を要しますし、賢いから伸びるというものではなくて、何よりも練習量が問われます。センスの良い方であっても、0からスタートすれば数か月の期間は必要になります。

その為に、社会人になってからこちらの能力を伸ばすには、転職のタイミングを狙って留学をすることになります。上手くタイミングが合えばいいですが、そうならないケースも珍しくありません。

そういった事態を防ぐためにも、キャリアアップの最初のステップとして英語は相応しいと言えます。特に、将来の目標が明確に定まっていなければ、英語の様に汎用性の高い能力の向上に努めることが勧められます。

ブログ

ブログを見る