無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

長期留学を勧める理由

皆様へ各種アドバイス
resize0366

【留学期間をお話しする前提として】

多くの語学学校が短期留学を勧める中で、本校は短くとも6ヶ月以上からの留学をお勧めしております。留学期間と目標は関係が強く、留学の失敗の原因の多くは「間違った目標・間違った期間で留学を計画すること」です。

留学の目標だけを単体で考えるならば間違いは無く、どんな目標を持っていようとも本人次第ですが、「1ヶ月で0から英語をマスターする」といった留学プランはご本人の努力とは関係なく「留学又は英語学習についての知識が足りていない」ことから間違った留学プランであることが分かります。

留学を開始して60日程度はホームシックやカルチャーショックに悩む(確率の高い)期間もあります。

「語学留学」という名目で、留学業界は1ヶ月の留学を進める学校もありますが、これは販売をする側の利点(売りたい)と利用者側の利点(短く安く留学したい)が重なっているから「売れている」だけで、内容が素晴らしいものだから流行っているのではありません。

留学について熟知しているプロならば、3ヶ月未満は本来の留学とは大きく違った内容となることは誰もが知っています。ただ、残念ながら短期での留学しか選択肢がない方もいらっしゃいます。

留学期間が長期であれば正解という訳では無く、大切なことは各留学期間で内容が変わることを理解した上で、留学をすることだと思います。下記に各期間での留学の内容をご紹介させて頂きます。

★留学の目標と期間の調整基準★


【~60日(2ヶ月未満):観光、ダイビング等】

学習目的であれ、観光を中心に行動する(楽しむ)
ことが結果的に最も良い成果を残す期間であり、


留学での思い出や出会い等を求める方にお勧め
の期間です。


【90日(約3ヶ月)の期間:留学体験、異文化交流、英語学習体験】

英語学習の方法を学ぶ英語学習の入門的な
役割となる留学期間です。

海外が初めてで「ちょっとした留学体験」
を希望する方にもお勧めです。


【6ヶ月:英語学習、ワーホリ準備】

留学で英語を習得して、ワーホリ等の準備
などのために留学成果を求める方にお勧めです。


【8~9ヶ月:初心者の方で中級レベルに到達、英語習得、ワーホリ準備】

日常会話よりもう一つ上のレベルでの英語習得を
目指して確実な留学成果を得たい方にお勧めです。


【12ヶ月:英語を学び終えて、次のステップに進みたい方】

英語学習を終えて、英語圏で何かをする又は
英語に関わらず次のステップに進みたい方に
お勧めです。

*上記の目標と期間をご参考頂き、目標又は期間の調整にお役立て下さい。

resize0396

旅行をすることが無駄でない様に、30~60日(2ヶ月未満)も無駄であるとは限りませんが、「エンターテイメントを目標とした留学」という心積もりでないと、留学後に不満足な結果になる確率が高くなります。

 

これは本人の努力が足りない訳でも、留学先が悪かった訳でもなく「留学プランが間違っていた」ことが最大の理由です。

【それでも長期を勧める理由】

本校は留学生の皆様の為の語学学校であり、「留学という舞台での自己成長」に価値を確信して、その為に少しでも良い環境作りを目指し、成長の効果をほんの少しでも伸ばす為に、様々なことに日々真面目に取り組んでいます。

本校でもエンターテイメントを提供することがありますが、これは教育上必要なものとして提供しているのであって、教育に従事する立場として我々が目指すものは「皆様の成長」ですから、「楽しかった」という満足度を中心に考える「観光業」とは大きく異なります。

短期の留学も楽しいものになりますし、特に3ヶ月の留学は「留学を楽しむ為の期間」として最適です。1週間程度の期間で、その国のことをあまり知らずに終わってしまう海外旅行に比べると「楽しさ」の部分でも圧倒的に高いものとなりますし、それだけ深い思い出も作れます。

それに、とんでもない安さで海外生活を体験することが出来ることも特典だと思います。

それでも、本校の目指すところは留学という舞台での皆様の成長であって、英語習得です。英語学習という「長い時間と忍耐を要する科目」に取り組みながら、留学という舞台で「成長する」ことを「6ヶ月以上の期間で行うこと」と「3ヶ月程度の期間で行うこと」とでは内容が全く異なります。

上記の「★留学の目標と期間の調整基準★」の期間に記載されている内容は期間が長くなればなる程に、その内容と得るものの差は圧倒的な違いがあります。

resize0341

これから留学を検討されている方の中には、フィジーでの留学に不安を持っている方もいらっしゃると思いますが、この国はとても魅力のある国で特に日本人にとっては「とっても面白い経験」が出来ます。そんなフィジーの魅力に気づくことも期間がなければ、世界にある国の一つとしてしか捉えられません。

また、留学は同様の国に2回するということは非常に稀であり、そう考えると一回限りのフィジー留学で短期の期間を選ぶことは、その価値を知る立場としては「知らずに終わる期間を選ぶのは非常にもったいない行為」だと思います。

このような理由から本校のように、留学の内容を把握していて皆様の成長と英語習得を考える立場としては、少しでも長い期間での留学を勧めることになります。

皆様へ各種アドバイス

皆様へ各種アドバイスを見る