無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

不登校で留学を考えている方へ

皆様へ各種アドバイス
resize0183

様々な事情によって、日本では現在不登校となっている未成年の学生の方はたくさんいらっしゃいます。また、本校では今まで受け入れてきた生徒さんの中で、同じような状況の方が何人かいらっしゃいますが、日本でどのような事情があったかは様々ですが、我々が接してきた限りでは他の留学生の方と何ら変わりのない印象を受けます。

その為に、日本での事情によって不登校の方であっても、過剰に特別な対応をする必要は無いと我々は判断しておりますし、また留学をする上での問題は全くございません。

他の留学生の方と比較して特別に「向上心がない」ということも無く、「日本では不登校ですがフィジーに留学したい」と希望される逞しい未成年の方もたくさんいらっしゃいます。

また、不登校の悩みはご本人以上に「ご両親」が深刻に考えられている傾向がございます。

ご自身のこと以上に大切なお子様のことですので、ご心配になる気持ちも計り知れないのですが、もし不登校のお子様を留学に送り出そうと検討されているとしたら、ご本人が留学したいという意志を持つまで待つ以外に方法はないと思います。

だからこそ、ご本人が「留学をしたい」と言われたときに、それが貴重なチャンスであることを理解して応援してあげてほしいと思います。

resize0348

【留学のタイミング】

自己成長に大きな効果のある留学ですが、留学は主体的に行動する必要のある取り組みです。

「留学をする」という気持ちを固める所までは、留学生自身の気持ちが一番大切だと考えています。

最後の一押しとしては、お子様だけを留学に送るのではなく「ご両親も一緒に留学をされる」とお子様も間違いなくご安心かと思います。

resize0350

【教育と治療の違いについて】

上記でご説明させて頂いたように、本校では留学を希望される皆様をわけ隔てなく応援しておりますが、語学学校で出来る範囲には残念ながら治療は含まれておりません。本校が皆様にご提供できる留学サポートなどは「教育」の範囲であって「治療」と呼べる高度な医療知識を前提とした対応ではございません。

例えば、精神的な疾患をお持ちの場合などは専門の病院や施設をご利用頂きたく存じます。留学生ご本人の為にも、そのような状態が確認された場合は状況が悪化する前に学校の判断で留学を中止頂くこともございます。現在日本で治療を受けられている方は、医師の許可又は施設の許可を得た上で留学をご検討くださいませ。

皆様へ各種アドバイス

皆様へ各種アドバイスを見る