無料相談はこちらからどうぞ

ブルーウィル

メニュー

絶対に取得必要な書類

学校のご紹介
resize0621

resize0381

留学期間によって、取得が必要な書類とそうでないものがございます。こちらではどの期間でも絶対に取得が必要な書類をご紹介させて頂きます。

 

【パスポート】

どの期間の留学であっても必ずパスポートは必要になります。下記にパスポートの申請について記載させて頂きます。

パスポート申請に必要な書類

  • 一般旅券発給申請書 1通
    (申請書はパスポート申請窓口で入手できます)
  • 戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通
    (申請日前6カ月以内に作成されたもの)
  • 住民票の写し 1通
    (申請日前6カ月以内に作成されたもの)
  • 写真 1葉
  • 申請者本人に間違いないことを確認できる書類
    (運転免許証で大丈夫です)

パスポートは、海外に渡航する際に必要であり、最も重要な書類でございます。上記で申請に必要な書類をご紹介しておりますが、申請方法に変更があるかも知れませんので、事前に外務省のページにてご確認くださいませ。こちらのページも外務省のページを参考にしております。


チケット会社によっては、パスポートに記載されている氏名の綴りを確認することが作業に一つとなっているところもあります。その為に、航空券の購入よりも先にパスポートを作成する方が間違いがございません。作成の際に、パスポートの有効期限が選べますが、基本的に皆様には最長の期間で取得されることをお奨め致します。留学を検討されている皆様は、今後パスポートが旅行・仕事・ワーホリ等々でパスポートを使う機会も増えますので、最長期間確保しておいた方が手間が少ないことが理由でございます。

resize0382

【残高証明書(英語表記)の準備】

こちらでは、残高証明書の準備についてご説明します。フィジー国内の学校に通うには、学生VISAの申請をフィジーの移民局にする必要があります。通常日本で生活をされていると必要のないものですが、こちらの書類は日本のどの銀行も発行されるとても一般的です。皆様がお持ちのどの銀行の口座のものでも結構ですので、口座をお持ちの銀行の窓口にて申請して頂きます。フィジー現地での現金管理用にご紹介している新生銀行の口座から発行する必要はなく、記載されている通貨や銀行も問いませんが、英語表記である点にだけ気を付けて下さい。

ATMから発券できる簡単なものではなくて、きちんとした書類として受け取りますので、お間違いないようにお願い致します。英語で記載された、お名前・口座番号・預金残高を確認の上、大切に保管して下さい。預金されている金額に決められた金額はありませんが、1ヶ月の滞在期間に対して5万円程度確認できるもの(例:3ヶ月ならば15万円)をお勧め致します。また、未成年の方の場合はご両親の書類でも大丈夫ですが、必ず姓が同じであることにお気を付けくださいませ。

上記でも少し触れましたが、学生VISA申請は、3ヶ月を境に申請書類が増えることになります。実際の申請は学校が代替して行いますが、取得して頂く書類が留学期間によって変わりますのでご注意ください。実際には、メールでやり取りをしながら進めていきますので、準備頂く書類については個別でご説明させて頂きますので、ご安心ください。留学お申し込み後の留学準備の一つとして、ご参考になれば幸いです。

resize0379

【航空券(e-ticket)】

航空券(e-tikcet)は往復分が必要であり、フィジー留学終了後の渡航先は何処の国であっても構いません。フィジーの移民局の視点としては、入国者が出国をすることだけが重要ですので、その後の行き先は母国であろうが他国であろうが問題としません。但し、出国先の国でも同様にその国を出国する為のチケットを求めれらることが(戸籍所有の国でない限りは)一般的ですので、ご注意くださいませ。

一般的なフィジー行きの乗り継ぎ先(日本からフィジーへの直行便は無いので、乗り継ぎが必要となります。乗り継ぎをする国によって、多少の金額の差はございますがそれほど変わりません)

  • 韓国
  • オーストラリア
  • パプアニューギニア
  • ニューカレドニア
  • グアム
  • 香港

本校がお勧めしている乗り継ぎ先は「韓国」ですが、候補としては「韓国」か「オーストラリア」か「グアム」となります。

『韓国』:韓国は乗り継ぎにおいて色々と便利が良いですし、日本から韓国へは1時間程度となり、到着時間も翌日の朝ですから手続きも到着日に行うことが出来るメリットがあります。

『オーストラリア』:オーストラリアは、最近では値段が安価なことが最大のメリットです。時にはオーストラリア内で高速バスを使って国内の大移動をしなければならない時もありますが、少しでも安価な航空券を求める方には需要が高いと思います。

『グアム』:グアムは、乗り継ぎ場所として時間的にちょうど半分の所となります。何時間も飛行機に乗り続けることが負担な方にはメリットがあるかも知れません。ちょうど中間位の時間での乗り継ぎなので「休めない(眠れない)」ということもありますから、ここはメリット取るかデメリットと取るか意見が分かれると思います。

*ニューカレドニアやパプアニューギニアに関しては、乗り継ぎでのトラブルも起こり易いようです。預けた荷物を紛失された方もいらっしゃいますので、学校としてはお勧めしておりませんが金額は最も安価と定評があります。

resize0391

航空券の購入は、パスポートとクレジットカードがあれば、インターネットから購入することが可能ですが、ご自分で購入されることが難しい場合は、お近くの旅行代理店で航空券の購入を依頼すればあちらで手配をしてくれます。金額は、代理店に依頼してもほとんど変わりはありません。代理店によっては購入の際にも、パスポートが必要になることがありますので、お気を付けくださいませ。

稀に安い航空券が見つかることもありますが、ほとんどの場合において変わらないことが多いので、ある程度見切りをつけて購入することが購入のコツです。また、時間や作業的に余裕があるならば、代理店よりもネットでの購入をされることをお勧め致します。これから海外に行く時に、航空券の購入作業に慣れることはとても役立ちますから、是非とも挑戦して頂きたいと思います。

*ご参考までに、お勧めのメルマガ【格安航空券の買い方】もご紹介させていただきます。

学校のご紹介

学校のご紹介を見る